ルフトハンザ、同社初のA350-900を受領 ミュンヘンにフェリー - Airbus A350-900 | FlyTeam ニュース

Airbus A350-900

エアバスAirbus A350-900の機材・機種に関する情報です。

メーカー
エアバス
シリーズ
Airbus A350

ルフトハンザ、同社初のA350-900を受領 ミュンヘンにフェリー

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ルフトハンザドイツ航空のA350-900

ルフトハンザドイツ航空のA350-900

  • ニュース画像 2枚目:A350-900、胴体中央部のロゴ
  • ニュース画像 3枚目:機体記号はテストレジの「F-WZNC」、製造番号は「074」
  • ニュース画像 4枚目:尾翼と主翼のウィングレットに「ツル」が描かれたルフトハンザのA350
  • ニュース画像 5枚目:LH 9921便でミュンヘンに到着
  • ニュース画像 6枚目:ミュンヘン拠点にA350、10機導入へ
  • ニュース画像 7枚目:A350初号機の到着にあわせ、ルフトハンザ・スタッフが孤児院に寄附

エアバスは2016年12月21日(水)、ルフトハンザドイツ航空に同社初のA350-900を納入しました。ルフトハンザはA350を25機発注、このうち受領する10機目までは全てミュンヘンを拠点に運航する計画で、納入された「D-AIXA」もミュンヘンにフェリーされました。

ルフトハンザのA350-900はビジネス48席、プレミアムエコノミー21席、エコノミー224席の3クラス仕様で、最新のシートと機内エンターテイメントを搭載しています。

フェリーフライトはトゥールーズ発ミュンヘン着のLH9921便で、この便を運航したMartin Hoell機長は、「A350-900は、最新の技術的な特徴を兼ね備えた商用パイロットが操縦できる最新の機体で、初号機の受領は誇りに思うマイルストーンだ」と最新鋭機に賛辞を贈りました。

到着した「D-AIXA」はウォーターキャノンで歓迎を受ける一方、フェリーフライトに搭乗したルフトハンザのスタッフ、Anja Oskouiさんが同社スタッフで作る非営利団体のヘルプ・アライアンスを代表し、ミュンヘンの孤児院に1万ユーロの小切手をクリスマス・プレゼントとして贈りました。

なお、ルフトハンザドイツ航空は2017年2月から、A350をミュンヘン発着のデリー、ボストン線に投入する予定です。


■In the making: Lufthansa’s first A350 XWB

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加