ANA、4月発行分の国際線貨物燃油サーチャージ 3月徴収額と同額 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
日本 | IATA : NH | ICAO : ANA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
ANAマイレージクラブ
ホームページ
ANA SKY WEB 日本語あり 英語あり
ANA Worldwide Sites 日本語あり 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © Tomo_ritoguriさん

ANA、4月発行分の国際線貨物燃油サーチャージ 3月徴収額と同額

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

全日空(ANA)とANACargoは、2017年4月1日(土)発行分から、国際線貨物の燃油サーチャージ額について、2017年3月末分までの徴収額と同額で設定すると発表しました。2月1日(水)から2月28日(火)までの航空燃料市況の平均価格が1バレルあたり66.25米ドルとなり、現行と同額となります。

これにより、北米、ヨーロッパ、中東、オセアニア行きのなど長距離は1キログラム50円、シンガポール、タイ、ベトナム、インドネシア行きなど遠距離アジアは46円、韓国、台湾、中国、香港、フィリピンなど近距離アジアは40円をそれぞれ維持します。詳しくは、ANA、またはANACargoのホームページを参照ください。

期日: 2017/04/01 〜 -1/11/30
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

全日空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加