インドネシア航空会社乗り比べ1 CGK→JOG - バティク・エア クチコミ

2013年4月 運航開始

国|コード
インドネシア | IATA : ID | ICAO : BTK
親会社
ライオン・エア
ホームページ
Batik Air 英語あり
シンガポール・チャンギ国際空港 - Singapore Changi International Airport [SIN/WSSS]で撮影されたシンガポール・チャンギ国際空港 - Singapore Changi International Airport [SIN/WSSS]の航空機写真

Copyright © Tomo-Papaさん

インドネシア航空会社乗り比べ1 CGK→JOG

航空会社:
バティク・エア
便名:
ID6368
ビジネス
搭乗日:
2017/01
路線:
ジャカルタ → ジョグジャカルタ
機体記号:
PK-LUI
機材:
Airbus A320-214
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
3ッ星
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:243 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 CGK入口
  • 写真の種類:機内食・ドリンク ウェルカムドリンク
  • 写真の種類:機内食・ドリンク

総評

インドネシアには魅力的な航空会社が多数存在します。
かなりコアな分野ですが、長期的にいろんな航空会社を利用してみようと考えています!

第1弾はバティックエアの8000円ビジネスクラス。
急成長中(悪名高き?)ライオンエアのFSCですが、前評判はよく、乗りたかったキャリアです。

ネット決済でクレカが不正判定されたり、ゲートが分かりにくかったりと、いろいろありました…
それでも新機材は快適で、いい思い出になりました。

【機内食・ドリンク】
ウェルカムドリンクは緑の炭酸で、なんかのフルーツ味笑
また、コーヒーがインドネシアコピのため、ひきたての上澄みがあり本格的でした。
食事は、短距離路線のためコロッケとツナサンド、チョコマフィンのみです。
味は結構おいしかった。(昼食としては少ない)

【座席(シート)】
革張りの綺麗なシート。
座り心地がよく、長時間でも余裕そうです。

【機内スタッフ】
丁寧で、明るい美人CAでした。
インドネシア語の放送はなんだか心地良いです。
ただ、英語は聞き取りにくいですね苦笑

【エンターティメント】
使用していません。
日本語の映画もあるらしいです。
機内誌に興味深い記事はありませんでした。

【機材コンディション】
新品同様なので、綺麗かつ整備も良い印象です。

【空港サービス】
グランドスタッフは良くも悪くも東南アジアクオリティです。
CGKではラウンジが使えます。
食事系は少ないですが、ゆったりできます。

ゲートはすべて同じ地上に降ります…これぞジャカルタ…
案内がころころ変わるので、係員に聞くことをお勧めします。

【総合評価】
利用価値は十分あります!
ジョグジャカルタの手動でターンするアプローチも楽しめました。
次はSINまでの格安ビジネスもしくはロング国内線のジャヤプラ線が有力候補ですね。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

バティク・エアの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加