キャセイパシフィック航空、A350を日本路線に初投入 関空では3社目 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
香港 | IATA : CX | ICAO : CPA
アライアンス
ワンワールド
FFP
アジア・マイル
ホームページ
Cathay Pacific International 英語あり
Cathay Pacific 日本 日本語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © Koenig117さん

キャセイパシフィック航空、A350を日本路線に初投入 関空では3社目

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:キャセイパシフィック航空のA350、画像はガトウィック空港

キャセイパシフィック航空のA350、画像はガトウィック空港

キャセイパシフィック航空は、2017年1月8日(日)、関西発台北経由、香港行きCX565便で日本発のA350初便を運航します。使用する機材は機体記号(レジ)「B-LRI」です。定刻10時45分のところ、10分早発でゲートを出発しました。

この機材は1月7日(土)、CX564便として香港発台北経由で関西国際空港に飛来しています。関空でA350の飛来はベトナム航空、チャイナエアラインに続き3社目となります。

この機材はビジネス、プレミアムエコノミー、エコノミーの3クラスを搭載、最新の機内製品を導入しています。席数はビジネス38席、プレミアムエコノミー28席、エコノミー214席です。

なお、キャセイパシフィック航空は1月15日(日)のCX564便、1月16日(日)のCX565便でA350-900を使用する予定です。

キャセイパシフィック航空は2016年5月に1機目のA350-900を導入して以来、2016年中に10機を導入しています。同社はA350-900を22機、長胴型のA350-1000を26機、計48機を発注しており、長距離路線の主力機として機材更新を進めています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

キャセイパシフィック航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加