ERのないB777-300から飛び級?でプラハ線にA380が就航して初めての搭乗 - エミレーツ航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
アラブ首長国連邦 | IATA : EK | ICAO : UAE
FFP
スカイワーズ
ホームページ
エミレーツ航空 日本語あり
Emirates 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © msrwさん

ERのないB777-300から飛び級?でプラハ線にA380が就航して初めての搭乗

航空会社:
エミレーツ航空
便名:
EK139
エコノミー
搭乗日:
2017/07
路線:
ドバイ → プラハ
機体記号:
A6-EDV
機材:
Airbus A380-861
総評5
5ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
5ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:365 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 本日の出発便がずらっと並び圧巻の光景。バス到... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 本日使用のA15搭乗口の案内表示。このゲート... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 本日の使用スポット。なお、ドバイ空港ではゲー... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 階下にある搭乗の状況を示す案内ディスプレーに... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 本日搭乗機材A6-EDVの前方ランディングギ... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) 本日搭乗機材のエンタメ初期表示と、座席前。搭... 続き>>
  • 写真の種類:座席(シート) 本日着座する座席の座面および背中を当てる部分... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ エンタメ初期画面の拡大写真。なお、モバイル用... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 機内照明が映り込んでしまい、大変見難くて恐縮... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 本日のメニューカード。とはいってもスペシャル... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 別にA380に限った話ではないが、エミレーツ... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 機内エンタメの音声を聞くためのイヤフォン。耳... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 離陸後すぐに配られる朝食のコールドミール。低... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 低脂肪特別食のコールドミール。プラスチックの... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 食べかけの写真で恐縮だがトマトの下に隠れてい... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク みにくい写真で恐縮だが、EK139と表記され... 続き>>
  • 写真の種類:トイレ・化粧台 機体最後方トイレ、入室した状態。理由は不明だ... 続き>>
  • 写真の種類:トイレ・化粧台 機体最後方トイレ。座るときの向かって左側にあ... 続き>>
  • 写真の種類:トイレ・化粧台 機体最後方トイレの洗面台。ドア手前側の洗面台... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ エアショーでコクピットの窓からの眺めに似せて... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ 中東の航空会社ならではの表示で、メッカの方向... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ ペルシャ湾からイラン上空にさしかかったあたり... 続き>>
  • 写真の種類:機内エンターティメント・アメニティ ペルシャ湾からイランに進入後、イランの真ん中... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 到着前の昼食ホットミール。低脂肪特別食で配膳... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 到着前ホットミール低脂肪特別食。アントレのア... 続き>>
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 低脂肪特別食アントレの拡大写真。メニュカード... 続き>>
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 お約束の?A380安全のしおり。表紙
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 A380の安全のしおり。中開き。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 A380安全のしおり裏表紙
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 プラハ空港RWY24着陸後、当便をスポットま... 続き>>

総評

 EKのドバイ~プラハ線の経緯:
本路線はA330-200で開設され、利用者数が伸びたことによりERのないB777-300が投入されるようになっていた。ところが2016年5月1日に、B777-300ER投入を経ずいきなりA380が投入されるようになった。
 これには、B777-300はいわゆる「中短距離仕様」でエコノミークラスは380席ほど設置されており、これ以上需要が増加すればER型に変更しても座席数が増えるわけでもないため(アッパークラスのグレードは上がるが・・・)、ER型を通り越してA380になったものと思われる。本当は投入当初の昨年夏に搭乗したかったが諸事情で1年後に搭乗することとなった。
【機内食・ドリンク】
 離陸後にコールドミールの朝食と到着前にホットミールの昼食が提供される。低脂肪特別食に関してはたしか数年前と類似のメニューだったような気がするが、エコノミーのレベルならいたって標準的と思われる。

【座席(シート)】
 エコノミークラスの座席に関しては「長距離仕様」でも今回搭乗した「3クラス中短距離仕様」でもほぼ同一の座席で、エコノミーとしては標準的かと。なお、座席の動作は同じD列でも成田~ドバイ線のようにリクライニングが渋いということはなかった。

【機内スタッフ】
 6時間に2度の食事サービスと客室乗務員は他のフライトより忙しいものと思われるが、基本的にはエコノミークラスであっても、見ている範囲内では対応や気配りに問題は見受けられなかった。

【エンターティメント】
 この機体は機体最後部にエコノミークラスの座席設置数が多いいわゆる「3クラスの中短距離仕様」で、納入年の古いA6-ED*のシリーズのため、ICEも成田~ドバイの前便で乗ったA6-EEPよりも一世代前のタイプになるが、それでも昼間の6時間程度の飛行時間であればまったく問題ないレベル。レジを見て、A6-EDAでエンタメ不作動の経験をしているため、きちんとエンタメは作動するか不安ではあったが、当便では通常通り動作した。
 これが成田~ドバイに投入されても(機体性能的には投入できないことはないだろうが、現実的に成田線には「長距離仕様」となっている機体しかアサインされないようである)たぶん不足はないものと思われる。

【トイレ・洗面台】
 清掃状態で気になるところは見受けられず

【機材コンディション】
 離陸時、後方ランディングギアの付近より、ゴトゴトと音がしたのは気になったが、その後無事にプラハまで飛行したことを考えると、おそらく技術的に問題はなかったものと思われる。それ以外の点で気になることはなかった。

【空港サービス】
 成田で当便の搭乗券を受け取った際、座席が変更に・・・というのでどういうことかと思ったが、エコノミークラス最後部の座席が少ないいわゆる「長距離仕様」から座席が多い「3クラスの中短距離仕様」に機材変更があった模様で、シートアサイン変更が行われた。なお、ドバイの地上業務の的確性は若干不安のある面がないわけではないが、今回のシートアサイン変更は滞りなく行われた。
 搭乗は、まずゲートを開いて階下の待合室に通され、そこで機内案内開始を待ついわゆる「2段階式」であるが、搭乗もスムーズであった。
 プラハでは降機から入国審査を経てエコノミーで荷物を受け取ることができるまでおよそ50分~60分程度とこのあたりも標準的と思われる。EU外パスポート所持者のアッパークラスの乗客向けには入国審査のファストレーンもきちんと準備されているようである(EU内パスポート所持者の場合ファストレーンが必要なほど混雑はしていないが・・・)。
 なお、プラハ空港の場合、入国審査で時間がかかっていると、手荷物カウンターの係員がベルトコンベアーから荷物を降ろし、まだきていない乗客の手荷物が1箇所にまとめられていることがあるので荷物を探す際は注意が必要である。
 

【総合評価】
 以前のように、日本で搭乗できないRRエンジン機でERのないB777-300に乗れるというマニア的な面白み?はなくなったが、乗客数が少ないときには「長距離仕様」がアサインされているが、諸事情で急遽「中短距離仕様」に変更されることがあり、そのあたりのマニア的面白み?が完全に消えたわけではない。
 という余談はさておき、サービス面ではB777からA380に変わっても昼間の6時間程度の飛行時間であれば、エコノミーでも必要十分なサービスと思われる。
 余談ではあるが、当便出発時刻の午前9時ごろは、ドバイ空港のトラフィックが混雑する時間のため、ドアが閉められ機体が動き出すまで30分程度ゲートで待機となることは珍しくはないが、それを見越して運航時間を設定しているようである。今回はドバイ空港のトラフィック混雑と砂嵐の影響による離着陸制限の影響でドアが閉まってから離陸までおよそ1時間要したが、プラハ到着は定刻から10分程度の遅れとICAO基準では遅延運航とみなされない範囲内で運航された。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号 83D
搭乗クラス Y
出発予定時刻 0905LT
搭乗時刻 0828LT
出発時刻 0927LT
飛行高度 FL380-FL400
到着予定時刻 1330LT
到着時刻 1342LT
予定飛行時間 5+45
出発ゲート・スポット Gate A15/Spot D8
離陸滑走路 30R
離陸時刻 0955LT
到着ゲート・スポット Gate B8/Spot 14A
着陸滑走路 24
着陸時刻 1335LT
メモ DXB=UTC+4 PRG=UTC+2

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

エミレーツ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加