AY078 KIX-HEL - フィンエアー クチコミ

メンバー評価
国|コード
フィンランド | IATA : AY | ICAO : FIN
アライアンス
ワンワールド
FFP
フィンエアープラス
ホームページ
Finnair 英語あり
Finnair 日本語あり
Finnair Group 英語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © うすさん

AY078 KIX-HEL

航空会社:
フィンエアー
便名:
AY078
ビジネス
搭乗日:
2017/01
路線:
関西(大阪) → ヘルシンキ
機体記号:
OH-LTU
機材:
Airbus A330-302X
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
5ッ星
座席(シート)
5ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
4ッ星
トイレ・洗面台
4ッ星
機材コンディション
5ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:1,759 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:機内からの眺め 乗れました :)
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 メニュー。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク アミューズ。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 離陸後の昼食,スープ。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク メインはパスタをいただきました。
  • 写真の種類:座席(シート)
  • 写真の種類:ギャレー 巡航中のご自由にどうぞコーナー。
  • 写真の種類:機内食・ドリンク 到着前の軽食,和食。
  • 写真の種類:座席(シート) ヘルシンキ降機時に撮影。
  • 写真の種類:座席(シート) ビジキャビン,降機時に撮影。
  • 写真の種類:搭乗時の写真一般 ヘルシンキは雪でした。。。

総評

新年早々,予約していた成田発ヘルシンキ行きが欠航に。パイロットの不足だそうです。出発17時間前にフィンエアーのアプリを見たら「欠航」と表示が変わっていて,何事かとフィンランドのフィンエアーカスタマーセンターに電話。確認をしてもらったところ,そのとおり欠航というので,かわりのフライトを探してもらう。

同じ日に出発なら,ロンドン経由でヘルシンキ入り,全部で18時間かかるフライトしか空いてませんねー,そうでなかったら次の日のロンドン経由です。次の日の成田発ヘルシンキ行きは満席です。。。

と言われ,そりゃぁないよと頭を抱える。同時にフィンエアーのWebで羽田発を確認してみると,羽田→関空→ヘルシンキの経由便に残席があったので,カスタマーセンターのお姉さんにその便を予約してもらった。同じ東京発で成田と(経由便ですが)羽田発があるということ,フィンエアーのカスタマーセンターの人は知らない場合があるので,進んで教えてあげましょう(笑)。

もともとの成田発の予約はビジネスにアップグレードしていたので,欠航および振替によって関西発ヘルシンキ行きはもともとのエコノミーの予約に。ビジネスにアップグレードできる?とカスタマーセンターのお姉さんに聞くも,満席で無理です,と教えられる。新年早々とても運が悪いけれど,まぁ予定していた日にヘルシンキに飛べることになったので,それだけでもよしとする。気がつくのが遅かったら,代替便が全て他の乗客に確保されてしまって,二日後の便とかで出発することになっていたかもしれません。

羽田では,JAL国際線乗り継ぎ用カウンターでチェックイン。搭乗券は関西発のものも発行され,荷物もヘルシンキまでスルーですが,関西でチェックインカウンターに寄るように念をおされる。荷物の確認および欧州の滞在許可証のダブルチェックだろうなぁ…面倒くさい,とため息をつきながらの関西までのフライト。クラスJの座席を購入したら,国際線乗り継ぎで免税なので926円でした。。関西経由でヘルシンキへ向かう乗客は15名とのこと。このときまでに成田便から振替られた人はわずかだったのかもしれません。

関西には午前8時過ぎに到着して,国際線チェックインエリアに向かうも,まだ開いていないフィンエアーのカウンタ。チェックインカウンタが開くまで時間をつぶそうにも,どこもかしこも大混雑。アジア各国からの旅客の多さに驚きました。チェックインが開始される時刻になってカウンタへ向かってみると,エコもビジも長蛇の列。ウェブチェックイン済みの旅客用に設けてある,荷物預けのみの列が一番短かかったのでそちらへ。横のビジネス列に並んでた人がみんな険しい顔してました(苦笑)。20分ほど待ってカウンターへ呼ばれると,予想どおり荷物のスルーチェックインの確認のみで終了。搭乗券は持ってるからすぐ制限エリアに行けたのに,このためだけに大混雑のチェックインエリアで1時間近く待ったのかぁーとすでに疲れ気味だったので,昨日電話口でビジネス満席と言われていたにも関わらず「ビジネスにアップグレードできますか?」と聞いてみる。すると,空席ありとのこと!ポイント使ってアップします,とポイントの残高を見せると,カウンターのお姉さんから

「もしかしたら,今日は(ポイント使わなくても)ビジネス行けるかもしれません…50%の確率ですが」

と素敵なインサイダー情報を頂戴する(笑)。よし,それじゃぁ新年の運試しで,50%の確率にかけてみましょう!とポイントは使わず,エコノミーの座席のまま制限エリアへ。この制限エリアに入るのにまた1時間ほど並び,ゲートに到着する頃にはすでに搭乗開始の10分前。ラウンジにも入れませんでした。関空の滞在中,ほぼ1時間半は列に並ぶのに使ったので,だいぶ疲れました。しかもゲートでは呼び出しもなく搭乗開始。搭乗券を機械で読み取ってもブザーは鳴ることなく,50%の確率に敗れました。今年はのっけからフライトキャンセル,1/2のアップグレード当選ならず,と自分の運に期待するのは絶対やめたほうがいいなぁ,波乱の一年になるのかなぁと,気を引き締めて搭乗。直前に予約を入れたのでエコノミーコンフォートの座席すら確保できず,みるみる間に周囲は満席に。これから10時間のフライトを冬眠した熊のように過ごそうと目を閉じようとしたとき,別の乗客から話かけられる。その人も自分と同じ座席番号が印刷された搭乗券を持っていると言われ,自分のと比べると確かに同じ座席。どうしたものかとクルーに相談すると,クルーも困惑した様子で地上職員に確認に行ってしまい,取り残される我々。同席の人はニューカレドニアから関西・ヘルシンキ経由でパリへ戻るフランスの人で,「座席同じだから,自分がまず座ってキミは自分の膝の上に座る?忘れられない旅になるよ」「遠慮しとくわーw」なんて会話しながら待つこと5分ほど。クルーが戻ってきて,名前を呼ばれる。はい。

「荷物を持ってこちらに来ていただけませんか?」

と言われ,慌てて荷物をまとめてクルーについて前方へ。エコノミーコンフォートで止まることもなく,ギャレーも通り過ぎてビジキャビンへ突入し,前から3列目のところで「こちらが新しい座席になります」と。おぉすごい,50%の確率がこんなところでどんでん返しがあるとは!ということで,めでたく10時間25分,ゆっくりと過ごすことができたのでした。。。最後の最後でフィンエアーさんのはからいに感謝です。しかし,機内での座席ダブルブッキングってはじめてでした。こんなことってあるんですね。。搭乗ゲートにある機械に搭乗券を読み取らせるとき,同じ席に割り当てられている二人が二人ともブザー鳴らなかったわけだし,あのシステムって一体どうなってるんだ?と不思議に思います。

ビジネスキャビンにはそれなりに空席が。窓側のシートは全て埋まっていましたが,中央の列になると一人で二席を使えました。フィンエアーのWebで残席確認をした時点では満席表示だったので,おそらくは成田から振替られた乗客向けに座席をブロックしていたのでしょう。

機内でアップグレードされた乗客とあって,機内でのサービスはそれなりに塩対応(笑)でしたが,全く問題ありません。機内食も残り物で構いませんし,笑顔もいりません。エコノミーの運賃で乗ってるので。。

到着前の和食弁当は,いつも乗っている成田・ヘルシンキ線の和食弁当よりも内容および彩りが豊かで楽しめました。少し冷えすぎてごはん硬かったけど,これからまた数ヶ月こういうのは食べられなくなるので,食べられるだけありがたいです。

今回の機材は,A330の中でもエコの座席の割合が多いOH-LTU。普段はニューヨークやマイアミなど北米路線で使われ,日本にはあまり飛んで来ない機材ですが,成田行きのキャンセルに伴ってエコの乗客を少しでも多く運ぶために機材変更されたのかもしれません。前日には関西線が欠航になったみたいで,ヘルシンキベースのクルーも昨日欠航になった便で戻るはずの人たちでした。関西ベースにクルーによると,OH-LTUにはほとんど乗務しないとのことでした。

今までこの機材には乗ったことがなかったので,このフライトをもって,フィンエアーの保有するA330に全て搭乗したことになりました。うん,乗りすぎだなたぶん(苦笑)。

新年早々,大変でした。。お疲れ様でした。。。

コメント

MaplecroftInnkeeperさん 投稿:2017/01/20 23:42:41

なむなむ。(笑)

finlanderさん 投稿:2017/01/21 01:48:30

なむなむ!!(笑)

agesanさん 投稿:2017/03/19 08:34:32

機内での同席ダブルブッキングは、カタール航空のドーハー関空便で経験があります。その時、実は、搭乗カウンターでアラームがなっていたんですよね。係員が特に対応せずにキャビンに通されて…。実際搭乗したら、ダブルブッキングだったという話。出張の帰路だったので、アップグレードはラッキーでした。

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

フィンエアーの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加