乗り継いでブダペストへ - フィンエアー クチコミ

メンバー評価
国|コード
フィンランド | IATA : AY | ICAO : FIN
アライアンス
ワンワールド
FFP
フィンエアープラス
ホームページ
Finnair 英語あり
Finnair 日本語あり
Finnair Group 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © flying-dutchmanさん

乗り継いでブダペストへ

航空会社:
フィンエアー
便名:
AY755
ビジネス
搭乗日:
2017/03
路線:
ヘルシンキ → ブダペスト
機体記号:
OH-LZD
機材:
Airbus A321-211
総評4
4ッ星
機内食・ドリンク
4ッ星
座席(シート)
3ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
無評価
トイレ・洗面台
無評価
機材コンディション
3ッ星
空港サービス
4ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:1,796 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

  • 写真の種類:機内ラウンジ
  • 写真の種類:機内食・ドリンク ドリンク
  • 写真の種類:機内食・ドリンク スナック?
    鶏の胸肉のロースト、インゲン、ジ... 続き>>

総評

ヘルシンキの空港はこじんまりとしている。日本からの便は、大阪、東京、名古屋から飛んでいるが、どれも同じような時間にヘルシンキに到着する。ヨーロッパの空港なのに結構日本語が飛び交っていたりするのは不思議な気がする。サクッとセキュリティチェックを抜けて、EU域への「入国」ゲートに向かう。
ここでの日本パスポートを持っているメリットは、自動化ゲートで簡単に通り抜けることができることだ。パスポートの写真面をスキャナに置き、その後、写真撮影で「おそらく」本人確認して、はい終了。抜けたところで一応係官のチェックを受けるが、EU域滞在日数の確認なんだろうな。日本のイミグレの自動化ゲートと同じと思っても、差し支えないかも。

22番搭乗口の近くにあるフィンエアーのラウンジはそれなりに広い筈だが、お客さんでひしめいている。何とか空席を見つけてビールを一杯。そんなにお腹空いていないから、時間が過ごせればそれで十分。

搭乗口は23番なので、搭乗予定時間の5分前位にラウンジから移動開始。すぐに搭乗かと思ったら、開始が10分遅れるという。なにやら機材トラブルという事を言ってたような。気になる。まあ、何事もなく搭乗開始となって、まずは一安心だ。

【機内食・ドリンク】
鶏胸肉のローストとマッシュポテトにインゲン豆。美味しかったが、お腹がへってない。飲み物は、搭乗時にビール、食事には赤ワインをいただいた。

【座席(シート)】
ヨーロッパ域便は、座席自体はエコノミーと変わらない。3人がけの真ん中の席を空けてあるのがビジネスクラスとなる。

【機内スタッフ】
飛行開始前のセキュリティ案内では、ちょうど私の目の前あたりで搭乗員が説明の実演をしている。美人の搭乗員さん。こちらがニコニコしながら見ていたら、にこやかな表情を向けてくれた。これだけのことでも、気分が良くなるのは男のゲンキンなところか。

【エンターティメント】
特にありません。

【トイレ・洗面台】
使用していないのでわかりません。

【機材コンディション】
16年ものの機体なので、少々古さを感じます。でも、整備はよくされていると思います。

【空港サービス】
搭乗開始が遅れるアナウンスがもう少し丁寧でもよかったかな。10分遅れると分かっていれば、もう少しラウンジにいたかな。

【総合評価】
ヨーロッパ域便としてはあんなもんでしょう。出張でなかったら、エコノミーでも十分かな。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号 1C
搭乗クラス Business
出発予定時刻 1710
出発時刻 1734
到着予定時刻 1830
到着時刻 1840
出発ゲート・スポット 23
到着ゲート・スポット A7

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

フィンエアーの搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加