防衛省、海兵隊の回転翼機とティルト・ローター機の訓練移転計画を発表 | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
防衛省・陸上自衛隊 日本語あり 英語あり
明野駐屯地 - Camp Akeno [RJOE]で撮影された明野駐屯地 - Camp Akeno [RJOE]の航空機写真

Copyright © まさ75さん

防衛省、海兵隊の回転翼機とティルト・ローター機の訓練移転計画を発表

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

防衛省は2017年4月21日(金)、アメリカ軍再編に関連する訓練移転のうち、回転翼機とティルト・ローター機の沖縄県外への2017年度の訓練移転について、3回程度の実施を発表しました。アメリカ海兵隊と陸上自衛隊の実動訓練で、第2四半期以降に北部方面隊が「ノーザンヴァイパー」を2週間から4週間程度、西部方面隊が「フォレストライト01」を2週間程度で実施するほか、第4四半期に東北方面隊が「フォレストライト02」を2週間程度で実施します。

この訓練移転は、沖縄県外での訓練推進を図る取り組みで、沖縄の負担軽減が目的です。実働訓練には、普天間飛行場に所在するAH-1、CH-53、MV-22オスプレイなどの回転翼機、ティルト・ローター機を使用します。計画は今後、変更されることもあるとしており、訓練計画の概要については決定次第、関係自治体へ通知するとしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

陸上自衛隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加