JAXAの実験用航空機「飛翔」が名古屋研究拠点に配備される | FlyTeam ニュース

日本
ホームページ
宇宙航空研究開発機構 日本語あり 英語あり
調布飛行場 - Chofu Airport [RJTF]で撮影された調布飛行場 - Chofu Airport [RJTF]の航空機写真

Copyright © あきらっすさん

JAXAの実験用航空機「飛翔」が名古屋研究拠点に配備される

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

宇宙航空研究開発機構(JAXA)は実験用航空機「飛翔」が2012年2月28日、県営名古屋空港に到着、JAXAの名古屋空港飛行研究拠点へ配備されました。

これまでの厚木飛行場での試験飛行から舞台を移し、2012年度の本格運用に向けて今後は設備の確認、操縦士の慣熟訓練などを予定しています。すでに名古屋空港での「飛翔」の様子がFlyTeamメンバーによっても確認されています。

機体番号「JA68CE」の航空フォトはこちら

JAXAは実験用航空機ではクイーンエア、機体番号(レジ)「JA5111」を退役させ、セスナ680型を導入。今後は国産航空機のMRJ開発の支援なども行う予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

宇宙航空研究開発機構の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加