KLM、13機目の777-300ERを受領 愛称はダリエン国立公園 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
オランダ | IATA : KL | ICAO : KLM
アライアンス
スカイチーム
FFP
フライング・ブルー
ホームページ
KLMオランダ航空 日本語あり
KLM.com 英語あり
KLM Corporate 英語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © pringlesさん

KLM、13機目の777-300ERを受領 愛称はダリエン国立公園

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:KLM 777-300ER 「PH-BVS」

KLM 777-300ER 「PH-BVS」

  • ニュース画像 2枚目:アムステルダムに到着した機体「ダリエン国立公園」
  • ニュース画像 3枚目:KLM、777-300ERは13機に。9月には14機目を導入予定

KLMオランダ航空は、2017年2月23日(木)、同社の最新の777-300ERを受領したと発表しました。これは機体記号(レジ)「PH-BVS」で、パナマの世界自然遺産「ダリエン国立公園」にちなんで名付けられました。

同社は12機目を2016年6月に受領し、この「PH-BVR」は「グヌン・ムル国立公園」としており、14機目は2017年9月に受領する予定です。

「ダリエン国立公園」には、先住民のチョコとクーナ人たちが、伝統的な文化を守って生活しており、砂浜、岩、マングローブ、湿地、低地、熱帯雨林、高地など多様性が保たれ、動物はジャガー、バクなどが生息しています。

なお、KLMオランダ航空はアムステルダム/パナマシティ線をデイリー運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

KLMオランダ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加