ルフトハンザとオーストリア航空、ヨーロッパ中短距離線でWi-Fi提供へ | FlyTeam ニュース

国|コード
ドイツ | IATA : LH | ICAO : DLH
アライアンス
スターアライアンス
FFP
マイルズ & モア
ホームページ
ルフトハンザドイツ航空 日本語あり
Lufthansa 英語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © あんにんどうふさん

ルフトハンザとオーストリア航空、ヨーロッパ中短距離線でWi-Fi提供へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ルフトハンザ、機内Wi-Fi利用のイメージ

ルフトハンザ、機内Wi-Fi利用のイメージ

ルフトハンザドイツ航空とオーストリア航空は2017年から、ヨーロッパ内の中短距離線でインターネットサービスの提供を開始します。両社はヨーロッパ航空安全庁(EASA)から、A320の追加型式証明(STC)を2016年夏に取得済みです。

これから始まるテスト期間中は、まずはA320ファミリー10機、このうちルフトハンザ、オーストリア航空とも5機ずつ、無料のWi-Fiアクセスが提供されます。2017年第1四半期に、対象機材の一部便でサービスを開始します。

なお、本格的なサービス開始後の料金は、メール、WhatsApp、iMessageのみができる「FlyNet Message」が3ユーロ、インターネットを閲覧できる「FlyNet Surf」が7ユーロ、ストリーミングもできる「FlyNet Stream」は12ユーロと設定されています。

Wi-Fi設備を搭載する機材は順次拡大する予定で、ルフトハンザは2017年第1四半期に約20機まで拡大し、2018年半ばにA320の全機に搭載します。オーストリア航空は2017年4月末までに31機への搭載が完了する予定です。また、ユーロウイングスには2017年第1四半期の終わりから搭載を開始し、2017年夏までに69機に搭載する計画です。

詳しくは、ルフトハンザドイツ航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ルフトハンザドイツ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加