エアバス、100機目のA350を納入 チャイナエアラインの「B-18908」 | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
ドイツ | IATA : LH | ICAO : DLH
アライアンス
スターアライアンス
FFP
マイルズ & モア
ホームページ
ルフトハンザドイツ航空 日本語あり
Lufthansa 英語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © Take51さん

エアバス、100機目のA350を納入 チャイナエアラインの「B-18908」

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:100機目となったチャイナエアラインのA350-900

100機目となったチャイナエアラインのA350-900

  • ニュース画像 2枚目:100機目の記念式典で
  • ニュース画像 3枚目:100機目を記念したチャイナエアラインとエアバスのスタッフ

エアバスは2017年7月25日(火)、チャイナエアラインにA350-900を引き渡しました。これは製造番号「121」で、機体記号(レジ)「B-18908」として登録されている機体で、エアバスが引き渡したA350-900の100機目となります。この機体はCI1710便としてフェリーされ、台湾の桃園空港に到着しています。

エアバスはA350初号機を2014年12月18日(木)にカタール航空に引き渡し、これまでに14社に納入しています。ローンチカスタマーのカタール航空をはじめ、100機目となるチャイナエアラインに加え、キャセイパシフィック航空、エチオピア航空、フィンエアー、LATAMエアラインズ・ブラジル、シンガポール航空、タイ国際航空、ベトナム航空、エア・カライベス、ルフトハンザドイツ航空、アシアナ航空、デルタ航空が受領しています。エアバスによると、A350は99%の運航信頼性で飛行しています。

A350XWBは最新の空力設計を採用し、炭素繊維複合材製の胴体と主翼を備え、効率性の高いロールス・ロイス製エンジンを搭載しています。これにより燃費と排気を25%削減し、整備コストを大幅に抑えており、乗客と乗務員には快適な客室空間を提供しています。

エアバスはA350XWBファミリーでA350-1000の開発を進めており、2017年第4四半期に型式証明取得と初号機の引き渡しが予定されています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

ルフトハンザドイツ航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加