日本からカンガルーの翼で豪州の世界一住みたい都市へ - カンタス航空 クチコミ

メンバー評価
国|コード
オーストラリア | IATA : QF | ICAO : QFA
アライアンス
ワンワールド
FFP
フリークエントフライヤー
ホームページ
カンタス航空 日本語あり 英語あり
香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]で撮影された香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]の航空機写真

Copyright © kumi0298さん

日本からカンガルーの翼で豪州の世界一住みたい都市へ

航空会社:
カンタス航空
便名:
QF80
エコノミー
搭乗日:
2017/03
路線:
成田(東京) → タラマリン(メルボルン)
機体記号:
VH-QPC
機材:
Airbus A330-303
総評3
3ッ星
機内食・ドリンク
3ッ星
座席(シート)
4ッ星
機内スタッフ
4ッ星
エンターティメント
1ッ星
トイレ・洗面台
2ッ星
機材コンディション
4ッ星
空港サービス
2ッ星
口コミ投稿者:

アクセス数:758 |  投稿日:

このエントリーをはてなブックマークに追加

搭乗写真

総評

【機内食・ドリンク】
搭乗後、ドアクローズ前にメニューが配られる。食事は選べるが、デザートや前菜のメニューがたくさん書いてあって、少々分かりにくかった。
離陸後1時間ほどで機内食の提供が始まる。
寿司を選んだが、ネタはサーモン・鉄火巻き・甘えび・いか・カボチャ・海苔巻き・玉子。シャリの量は少なめ。小さなバターロールのようなものが付いてきたことに違和感を感じた。

夜が明ける少し前に、軽食の提供がある。
赤くて細長い箱にはタコスが入っていて、中の具はミートパイのようなものだった。

夜中には起きている搭乗客向けにバナナの提供もある。こちらは大変冷えていてよかった。

【座席(シート)】
リクライニングの角度はだいたい20度まで倒れる。ヘッドレストは可動式。枕は腰に敷くタイプ。

【機内スタッフ】
 日本人が2人。その他6人ほどはおそらく豪人だと思われる。
 男性が多いカンタス航空というのもあって、日本人の1人が男性、豪人も3人ほどが男性であった。


【エンターティメント】
 機内ではパーソナルモニターが全席完備で、映画、音楽、コメディTVのほかに、ゲームなどもある。
 Japaneseを選択したところ、日本の映画というわけではなく、日本語吹替や字幕がある洋画が多かった。ちなみに日本映画では「シン・ゴジラ」や「何者」などがあった。
 ゲームをしようとすると、多くの場合で画面がフリーズしてしまい、復旧するためには回りの搭乗客のモニターの電源も一旦切らなければならなくなる。メルボルン到着時は多くの搭乗客のモニターがフリーズしたままになっていた。

 また、現在地情報はフライトマップが終始画面がブラックアウトしていて、自分がどこを飛んでいるのかが分からなかった。
USBポートが各席、画面下付近にあったが、スマートフォンを充電するためだけのもので、スマホの音楽を再生したりは出来なかった。

【トイレ・洗面台】
トイレは清潔感があった。
洗面台には紙コップにQANTASと書かれた歯ブラシと歯磨き粉セットが数セット用意されていた。

【機材コンディション】
機材は清潔感があった。音も静かであった。

【空港サービス】
特になし。

【総合評価】
成田メルボルン便は昨年12月、ジェットスターからカンタスに運行会社が変更されて、3ヶ月ほど経ったが、まだまだ初々しい点はいくらかあった。
メルボルンには過去何度か訪問し、いずれもシドニーで乗り継ぎをしていたが、直行便になったということで心理的障壁がなくなった。

フライトログ

搭乗の詳細データです。

座席番号 36B
搭乗クラス エコノミー
出発予定時刻 19:00
搭乗時刻 18:50
出発時刻 19:20
飛行高度 35000ft
飛行速度 768knots
到着予定時刻 7:30
到着時刻 7:10
予定飛行時間 10:15
出発空港 天気・気温 12℃
出発ゲート・スポット 82
離陸滑走路 16R
離陸時刻 19:35
到着空港 天気・気温 22℃
着陸滑走路 9L

コメントする

コメントを書くには、ログインが必要です。

カンタス航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加