スクート、9月17日までセール開催 日本発インド・豪・東南アジア行きも | FlyTeam ニュース

ブランドは「スクート」。2017年7月25日にスクートとタイガーエアが合併

国|コード
シンガポール | IATA : TR | ICAO : TGW
ホームページ
Scoot 日本語あり
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © しかばねさん

スクート、9月17日までセール開催 日本発インド・豪・東南アジア行きも

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃
ニュース画像 1枚目:スクート、イメージ

スクート、イメージ

シンガポールの格安航空会社(LCC)スクートは2017年9月13日から9月17日(日)23時59分まで、「楽しい旅を!」セールを開催しています。搭乗期間は路線によって異なりますが、最長で2018年10月27日(土)までの期間が対象となっています。

運賃額はいずれも片道で、成田発着のシンガポール線が12,900円から、バンコク・ドンムアン線が9,900円から、台北線が6,900円からとなっているほか、アムリトサル、チェンナイのインド行き、メルボルン、シドニー、パース、ゴールドコーストのオーストラリア行き、ランカウイ、ペナン、クチン、クアンタンの東南アジア行きも設定されています。

このほか、新千歳発着のシンガポール線が13,900円から、台北線が7,900円から、関西発着のシンガポール線が13,900円から、バンコク・ドンムアン線が9,900円から、高雄線が7,900円からと設定されています。新千歳、関西発着共にインド、オーストラリア、東南アジア行きが設定されています。

なお、スクートのウェブサイトに記載されているセールスコードの入力で追加サービスのFlyBagとFlyBagEatが最大10%割引になります。また、機体前方に設けられている「スクートビズ」の設定もあります。販売はいずれもスクートのホームページのみで、運賃額に加え、支払処理手数料などが別途必要ですが、燃油サーチャージは必要ありません。詳しい条件などはスクートのウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加