タイ国際航空、10月以降の燃油サーチャージを設定 タイ路線11米ドルから | FlyTeam ニュース

メンバー評価
国|コード
タイ | IATA : TG | ICAO : THA
アライアンス
スターアライアンス
FFP
ロイヤルオーキッドプラス
ホームページ
タイ国際航空 日本語あり
Thai Airways International 英語あり
香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]で撮影された香港国際空港 - Hong Kong International Airport [HKG/VHHH]の航空機写真

Copyright © Fly Yokotayaさん

タイ国際航空、10月以降の燃油サーチャージを設定 タイ路線11米ドルから

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

タイ国際航空は、2017年10月1日(日)以降発券分の燃油サーチャージ額を発表しました。9月末までの適用なしから値上げとなります。

徴収額は、成田、名古屋(セントレア)、関西、福岡、新千歳発タイ行きは、エコノミークラスが11米ドル、ビジネスとファーストクラスが16米ドルとなっています。また、タイ以遠の区間では、9月12日(火)以降発券分から各クラスごとに設定されています。

タイ国際航空は、シンガポールケロシン市場価格の変動に応じて、2カ月ごとに見直しを実施しており、2カ月間の平均燃油価格が1バレル当たり55米ドルを下回った場合は、翌々月1日の発券分から燃油サーチャージが廃止となります。詳しくは、タイ国際航空のウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/10/01から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

タイ国際航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加