エンブラエル、天津航空に1,300機目となるEジェットを納入 | FlyTeam ニュース

2009/6/8 グランド・チャイナ・エクスプレスより名称変更

国|コード
中国 | IATA : GS | ICAO : GCR
ホームページ
Tianjin Airlines 英語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © 神宮寺ももさん

エンブラエル、天津航空に1,300機目となるEジェットを納入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Eジェット、1,300機目の「B-3243」

Eジェット、1,300機目の「B-3243」

エンブラエルは2016年12月2日(金)、天津航空にERJ-195LR、機体記号(レジ)「B-3243」を納入しました。これは、Eジェットプログラムで1,300機目となる記念の機体でした。天津航空のEジェットは45機となり、アジアで最大のEジェット・ユーザーとなります。

エンブラエルは1,300機目の到達について、同社の顧客全てに感謝すると同時に、同社のスタッフなどの積み重ねだとコメントしています。また、天津航空への引き渡しを祝うと同時に、開発を進めているE2も同社に納入を予定しており、今後も関係を構築したいと述べています。

天津航空は2008年に中国で初めてEジェットを導入したほか、2014年にはE195を20機、E190-E2を20機、計40機を発注しています。このうち、E2は2018年に引き渡しされる予定です。

この1,300機目の「B-3243」は、エンブラエルの工場があるサン・ホセ・ドス・カンポスからレシフェ、ラス・パルマス、アテネ、シムケントを経由し、天津にフェリーされています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

天津航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加