ヴァージン・オーストラリア、香港、中国本土路線を開設へ HNA提携で | FlyTeam ニュース

2009/6/8 グランド・チャイナ・エクスプレスより名称変更

国|コード
中国 | IATA : GS | ICAO : GCR
ホームページ
Tianjin Airlines 英語あり
関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]で撮影された関西国際空港 - Kansai International Airport [KIX/RJBB]の航空機写真

Copyright © いおんさん

ヴァージン・オーストラリア、香港、中国本土路線を開設へ HNA提携で

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:香港の夜景

香港の夜景

ヴァージン・オーストラリアは2017年2月17日(金)、海南航空を傘下に持つ海航集团(HNAグループ)、香港航空、香港エクスプレスとの戦略的提携の詳細を発表、直行便の開設、コードシェア実施、マイル提携などについて発表しました。

オーストラリア競争・消費者委員会(ACCC)の承認を条件に、ヴァージン・オーストラリアが運航し、オーストラリア/香港間、オーストラリア/中国本土間を結ぶ直行便を新規就航し、両グループが運航するオーストラリア/香港間、オーストラリア/中国本土間の定期便でコードシェアを実施します。

あわせて、路線計画、販売、マーケティング、マイレージプログラム、ラウンジ・アクセスを含む活動で共同事業を実施することをめざします。ヴァージン・オーストラリア・グループは、新たな提携はより多くの競争と選択肢を提供し、オーストラリア/中国間の移動のゲームチェンジャーになるとアピールしています。

このうち、第1段階として、ヴァージン・オーストラリアは2017年半ばにオーストラリア/香港間の定期便をA330で運航します。

また、香港航空、海南航空をはじめ、HNAグループの北京首都航空、海南航空、香港航空、天津航空の運航便でヴァージン・オーストラリアの「VA」便名を付与します。一方は、ヴァージン・オーストラリア航空は、オーストラリア国内線とタスマン路線でHNAグループとコードシェアを行います。

マイレージプログラムでの提携でもラウンジの利用、優先チェックイン、優先搭乗、追加手荷物の許容量など、上級ステータスの顧客へのサービス提供などを予定しています。また、マイレージ提携の詳細は、改めて発表を予定しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

天津航空の搭乗レビューを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、搭乗レビューを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加