横田基地に配備するCV-22、配備開始を2017年後半から2020年に後倒し | FlyTeam ニュース

厚木飛行場 - Naval Air Facility Atsugi [NJA/RJTA]で撮影された厚木飛行場 - Naval Air Facility Atsugi [NJA/RJTA]の航空機写真

Copyright © eagletさん

横田基地に配備するCV-22、配備開始を2017年後半から2020年に後倒し

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:CV-22

CV-22

アメリカ空軍横田基地に配備されるCV-22オスプレイについて、アメリカ国防総省(DOD)は2017年3月13日(月)、当初の予定を変更し、2020年から配備すると発表しました。2015年3月の発表時の計画では、2017年後半までに3機、さらに2021年まで順次7機を配備、計10機を配備するとしていました。

横田基地では、CV-22の受け入れに対応するため、格納庫の改装や増築、臨時の飛行隊運用施設の敷地造成、駐機場の舗装の改修、誘導路待機地点の改修、緊急用着陸パッドの建設、チャフやフレア、弾薬・装備品などの保管施設の建設などが実施されています。また、2018年2月以降に専用の格納庫や駐機場、飛行隊の施設や倉庫、シミュレーター施設などの建設に着手する予定となっています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アメリカ空軍の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加