アメリカ空軍、F-35AライトニングIIをヨーロッパに派遣 NATOと訓練 | FlyTeam ニュース

嘉手納飛行場 - Kadena airfield [DNA/RODN]で撮影された嘉手納飛行場 - Kadena airfield [DNA/RODN]の航空機写真

Copyright © SuneKumaさん

アメリカ空軍、F-35AライトニングIIをヨーロッパに派遣 NATOと訓練

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:レイクンヒース空軍基地に到着したF-35A

レイクンヒース空軍基地に到着したF-35A

  • ニュース画像 2枚目:第100空中給油航空団が空中給油
  • ニュース画像 3枚目:34FSのF-35A
  • ニュース画像 4枚目:F-35A Lightning II

アメリカ空軍は2017年4月15日(土)から、F-35AライトニングIIをヨーロッパに派遣、NATO加盟国と訓練を実施します。以前からF-35を派遣し、アメリカ欧州軍(USEUCOM)やNATO加盟各国の空軍との訓練が予定されていたもので、ヨーロッパの安全保障に取り組むプログラム(European Reassurance Initiative:ERI)として実施する訓練です。派遣期間は、数週間としています。

国防総省はこの訓練実施は、F-35プログラムの重要なマイルストーンであると共に、合理的なプログラムの進行と説明し、2020年代初頭にヨーロッパにF-35Aを配備する要件の見直しに役立つほか、第5世代戦闘機のさらなる運用能力の実証になるとしています。F-35Aは制空権の優位性を補完し、現在または新たな脅威に対し、高い精度の攻撃力を提供するともコメントしています。

ヒル空軍基地の第34戦闘飛行隊などで構成するF-35AライトニングIIは4月15日(土)、イギリスのレイクンヒース空軍基地に到着しています。この派遣には、第100空中給油航空団(100th ARW)のKC-135ストラトタンカーがF-35Aに給油支援し、C-17AグローブマスターやC-5ギャラクシーによる輸送支援も行われています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アメリカ空軍の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加