岩国基地フレンドシップデー、空自F-2が飛行展示 DC-3Aも正式参加 | FlyTeam ニュース

茨城空港 - Ibaraki Airport [IBR/RJAH]で撮影された茨城空港 - Ibaraki Airport [IBR/RJAH]の航空機写真

Copyright © TBさん

岩国基地フレンドシップデー、空自F-2が飛行展示 DC-3Aも正式参加

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:航空自衛隊 F-2

航空自衛隊 F-2

アメリカ海兵隊岩国航空基地は2017年4月25日(火)、5月5日(金・祝)に開催される「海上自衛隊/米海兵隊 岩国航空基地フレンドシップデー」のイベントについてアップデートしました。新たに航空自衛隊築城基地所属のF-2戦闘機が展示飛行に加わります。

また、海上自衛隊からは南極観測業務を支援する日本の砕氷艦「しらせ(AGB-5003)」が、第58次南極観測支援から持ち帰った氷を公開します。また、「しらせ」に搭載し、南極観測隊の輸送業務に使うCH-101ヘリコプターも地上展示します。

前回の発表では発表されていない、ブライトリングがサポートするスーパーコンステレーション飛行協会のDC-3A、「HB-IRJ」の参加が正式決定しました。このDC-3は現在、同機の77年目を記念した世界一周ツアー中で、日本での滞在期間にあわせ、岩国基地でも展示されます。

このほか、WACOの複葉機やAOPA日本支部による航空機展示をはじめ、アメリカ海兵隊、陸上自衛隊の装備品として89式小銃、5.56ミリ機関銃MINIMI、地対空ミサイルシステムが展示されます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

アメリカ海兵隊の航空フォトを投稿・公開しませんか?

FlyTeam(フライチーム)では、飛行機フォトを投稿・公開するブログ機能を提供しています。

詳しくは >>

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加