エチオピア航空、アディスアベバ/クアラルンプール線を787-8に機材変更 | FlyTeam ニュース

クアラルンプール - バンコク

エチオピア航空、アディスアベバ/クアラルンプール線を787-8に機材変更

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:エチオピア航空 787

エチオピア航空 787

エチオピア航空は2016年8月3日(水)、アディスアベバ/クアラルンプール線の機材を787-8にアップグレードしました。アディスアベバ/バンコク/クアラルンプール線として運航するET619、ET618便で、787での運航初便をクアラルンプール空港のFacebookページが紹介しています。この初便は、機体記号(レジ)「ET-ASH」で運航されました。

エチオピア航空は保有機の更新を進めており、このうち787は2012年8月に受領した初号機からこれまでに15機を導入しています。787-8は成田路線にも投入されている機材で、全機がビジネス24席、エコノミー246席、計270席仕様となっています。

なお、詳しいスケジュールはエチオピア航空のホームページ、または下記の関連ジャンルから「時刻表」を参照ください。

期日: 2016/08/03から
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ


このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加