マレーシア航空カーゴ、バンコク/クアラルンプール間にA330Fを投入 | FlyTeam ニュース

クアラルンプール - バンコク

マレーシア航空カーゴ、バンコク/クアラルンプール間にA330Fを投入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:マレーシア航空カーゴのA330F

マレーシア航空カーゴのA330F

マレーシア航空の貨物部門、MABカーゴは2016年12月4日(日)、バンコク/クアラルンプール間の短距離路線にA330貨物機での運航を開始しました。日曜日の週1便で、A330貨物機で1便で60トンを輸送します。

A330貨物機の投入は、クアラルンプール/バンコク間の航空貨物輸送が増加していることに対応したもので、日曜日のハノイ発クアラルンプール着の経由地として、バンコク/クアラルンプール間の運航を開始するものです。

また、バンコクは貨物輸送のハブとして重要性が高まっていることから、経由便の運航で輸送機器、農産物などの需要に対応していく方針です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ


このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加