チャイナエアライン、2月以降発券分の日本発着路線で燃油サーチャージ徴収 | FlyTeam ニュース

中部(名古屋) - 桃園(台北)

中部国際空港 中部国際空港 [ 路線一覧 ]

都市 : 愛知 [日本]
コード : NGO / RJGG

中部国際空港 台湾桃園国際空港 [ 路線一覧 ]

都市 : 台北 [台湾]
コード : TPE / RCTP

チャイナエアライン、2月以降発券分の日本発着路線で燃油サーチャージ徴収

配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

チャイナエアラインとマンダリン航空は、2017年2月1日(水)から3月31日(金)の発券分で、日本発着路線においても、燃油サーチャージを設定すると発表しました。

徴収する燃油サーチャージは、新千歳、成田、羽田、静岡、名古屋(セントレア)、富山、関西の各空港と台湾間で500円、広島、高松、福岡、熊本、宮崎、鹿児島と台湾間で400円、那覇/台湾間で300円、石垣/台湾間で100円です。また、成田/ホノルル線は2,000円を徴収します。なお、マンダリン航空が運航する那覇/台中線は600円となります。

台湾以遠では、台湾/香港間で1,000円、台湾と中国、韓国、東南アジア、ミクロネシア間は3,000円、台湾とインド亜大陸、北米、ヨーロッパ、オセアニア間で、7,000円を徴収します。

なお、1区間片道あたりの日本発航空券は、300円の航空保険特別料金が適用されています。 詳しくは、チャイナエアラインのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/02/01 〜 2017/03/31
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

成田(東京) - ホノルル 航空券情報(予約・価格)

オンライン旅行予約サイト「エクスペディア 」による成田(東京) - ホノルルの航空券の価格情報です。航空券の料金をクリックすると、指定の条件の航空券を探すことができます。

日付 クラス 直行便 乗換便
2月 往路:2/17(金) 成田(東京)発
復路:2/22(水) ホノルル発
(ホテル付き航空券[2名分]の価格は、こちら)
エコノミー 82,780 - (直行便が最安値)
ビジネス 177,380 - (直行便が最安値)
Air+(プラス)割で、航空券ご予約の方限定【最大20日間】ホテルが最大半額!
2017年01月18日 14時56分時点、大人1名(空港税 / 燃油サーチャージなど込)の航空券価格です。 ご利用の際には、FlyTeamの利用規約もあわせてご確認ください。

さらに、成田(東京) - ホノルルの航空券料金を見る >>

Recommend おすすめコンテンツ


このページを共有する