AIRDO、3月から10月搭乗分の往復運賃など各種運賃を設定 - 中部国際空港 | FlyTeam ニュース

都市
愛知 [日本] 定期便あり
コード
IATA : NGO | ICAO : RJGG
ホームページ
中部国際空港 セントレア 日本語あり
空港周辺ホテル
予約サイト
楽天トラベル
JTB
じゃらん
るるぶトラベル
エクスペディア
BOOKING.COM
中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]で撮影された中部国際空港 - Chubu Centrair International Airport [NGO/RJGG]の航空機写真

Copyright © kumi0298さん

AIRDO、3月から10月搭乗分の往復運賃など各種運賃を設定

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: 運賃

AIRDOは2017年3月26日(日)から10月28日(土)搭乗分の各種運賃を設定しました。設定されたのは、片道運賃、小児運賃、往復運賃、道民割引、北海道発往復運賃、身体障がい者割引、DOビジネス、MICE割引運賃、Welcome to HOKKAIDO Fare、DOシニア60、当日シニア65、AIRDOスカイメイトです。

運賃額は羽田発着路線では、新千歳線の片道運賃が29,000円から、往復運賃の片道分が24,900円から、旭川線の片道運賃が34,900円から、往復運賃の片道分が29,300円からとなっています。

また、女満別線の片道運賃が36,700円から、往復運賃の片道分が33,900円から、釧路線の片道運賃が34,500円から、往復運賃の片道分が29,400円から、釧路線の片道運賃が34,500円から、往復運賃の片道分が29,400円から、帯広線の片道運賃が33,900円から、往復運賃の片道分が28,900円から、函館線の片道運賃が27,100円から、往復運賃の片道分が24,500円からなどと、設定されています。

なお、新千歳発着の仙台、名古屋(セントレア)、神戸、岡山、広島線、函館/名古屋(セントレア)線も設定されています。詳しくは、AIRDOのウェブサイトを参照ください。

期日: 2017/03/26 〜 2017/10/28
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加