エア・カナダとキャセイ、カナダ内、東南アジア路線でコードシェア提携 - クアラルンプール国際空港 | FlyTeam ニュース

2014/5/2 LCCターミナル KLIA2 営業開始

都市
クアラルンプール [マレーシア] 定期便あり
コード
IATA : KUL | ICAO : WMKK
ホームページ
KL Internatonal Aiport 英語あり
klia2 - Malaysia Airports Holdings 英語あり
空港周辺ホテル
予約サイト
エクスペディア
BOOKING.COM
クアラルンプール国際空港 - Kuala Lumpur Internatonal Airport [KUL/WMKK]で撮影されたクアラルンプール国際空港 - Kuala Lumpur Internatonal Airport [KUL/WMKK]の航空機写真

Copyright © 誘喜さん

エア・カナダとキャセイ、カナダ内、東南アジア路線でコードシェア提携

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール
ニュース画像 1枚目:キャセイパシフィック航空、機体イメージ

キャセイパシフィック航空、機体イメージ

  • ニュース画像 2枚目:エア・カナダ、機体イメージ

エア・カナダとキャセイパシフィック航空は2016年12月22日(木)、カナダ国内線、香港経由の東南アジア路線における戦略的提携契約を締結したと発表しました。

このコードシェア契約により、エア・カナダは、キャセイパシフィック航空またはキャセイドラゴンが香港発着で運航するマニラ、セブ、クアラルンプール、ホーチミン、ハノイ、バンコク、プーケット、チエンマイ線に「AC」便名を付与します。エア・カナダは、トロント、バンクーバー発着の香港線にデイリーで就航しています。

一方、キャセイパシフィック航空では、最大1日3便で運航する香港/バンクーバー線、最大1日2便を運航する香港/トロント線に接続する形で、ウィニペグ、ビクトリア、エドモントン、カルガリー、オタワ、モントリオール、ハリファックスなどカナダ主要都市路線に「CX」便名を付与します。

コードシェア便の販売は2017年1月12日(木)から、2017年1月19日(木)以降の旅行分から有効です。詳しくは、エア・カナダ、キャセイパシフィック航空のウェブサイトを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加