日印首脳会談、日本/インド間のオープンスカイで正式合意 便数制限を撤廃 - 成田国際空港 | FlyTeam ニュース

都市
東京  / 千葉  [日本] 定期便あり
コード
IATA : NRT | ICAO : RJAA
ホームページ
成田国際空港 日本語あり 英語あり
成田国際空港第3ターミナル 日本語あり
空港周辺ホテル
予約サイト
楽天トラベル
JTB
じゃらん
るるぶトラベル
エクスペディア
BOOKING.COM
成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]で撮影された成田国際空港 - Narita International Airport [NRT/RJAA]の航空機写真

Copyright © mojioさん

日印首脳会談、日本/インド間のオープンスカイで正式合意 便数制限を撤廃

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: スケジュール

国土交通省は2017年9月14日(木)、日印首脳会談で航空当局間による合意文書の交換が行われ、オープンスカイについて正式に合意しました。合意概要は、現在、両国間で設けている主要6空港の輸送力制限の撤廃と、その他の空港への乗り入れ拡大を可能とするものです。

日本側は成田、新千歳、関西、中部、広島、福岡の6空港をはじめ、羽田を除く全ての空港について事実上、乗り入れ制限を撤廃しました。また、インド側はデリー、ムンバイ、コルカタ、チェンナイ、ベンガルール、ハイデラバードの主要6空港の便数制限を撤廃し、その他の空港はインドで国際線の受け入れ環境が進展した際に別途、追加する予定です。

現在の乗り入れ可能な空港と輸送力の制限は、日本側が成田、関空、那覇、インド側はデリー、ムンバイにそれぞれ計週42便までとしています。

運航状況は2017年夏スケジュールでは、日本企業が日本航空による成田/デリー線を787-9で週7便、全日空が成田/ムンバイ線と成田/デリー線を787の2機種でそれぞれ週7便、計週21便を運航しています。インド側企業は、エア・インディアが成田/デリー線を787-8で週4便、関西/香港/デリー/ムンバイ線を787-8で週3便を運航しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加