JAL・JTA・RAC、2016年度年末年始の沖縄路線の利用率は80.8% - 伊丹空港 | FlyTeam ニュース

都市
大阪 [日本] 定期便あり
コード
IATA : ITM | ICAO : RJOO
ホームページ
大阪国際空港(伊丹空港) 日本語あり
伊丹スカイパーク 日本語あり
空港周辺ホテル
予約サイト
楽天トラベル
JTB
じゃらん
るるぶトラベル
エクスペディア
BOOKING.COM
伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]で撮影された伊丹空港 - Osaka International Airport [ITM/RJOO]の航空機写真

Copyright © Take51さん

JAL・JTA・RAC、2016年度年末年始の沖縄路線の利用率は80.8%

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

日本航空(JAL)、日本トランスオーシャン航空(JTA)、琉球エアーコミューター(RAC)は2016年12月22日(木)から2017年1月3日(火)の年末年始期間の沖縄県関連の利用状況を1月5日(木)、発表しました。

提供座席数は前年比107.0%の311,896席、旅客数は115.6%の251,997人、利用率は80.8%です。このうち、JTAとRACの沖縄県内線は座席数が前年比105.9%の89,488席、旅客数は前年比109.6%の66,989人、利用率は74.9%です。

期間中のピークは、JAL運航便は下りのピークが12月29日(木)の98.1%、上りのピークは12月25日(日)の94.9%で、JTA運航便は下りのピークが12月29日(木)の90.4%、上りのピークは1月3日(火)の92.2%でした。

なお、期間中にJALが那覇/羽田線で6便、那覇/伊丹線で26便、JTAが那覇/宮古線で16便、那覇/石垣線で2便、RACが那覇/南大東線で4便、那覇/北大東線で4便、那覇/与那国線で2便、那覇/石垣線で2便、石垣/与那国線で14便を運航しました。

詳しくは、JTAのウェブサイトを参照ください。

期日: 2016/12/22 〜 2017/01/03
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加