お知らせ

お知らせ一覧(2017年)

FlyTeamからのサービスに関するお知らせやサーバーメンテナンス情報などのお知らせ一覧です。
過去のお知らせ一覧
2016年分 |  2015年分 |  2014年分 |  2013年分 |  2012年分 |  2011年分 |  2010年分 

2017年3月分 機材情報追加のお知らせ

2017/04/07

いつもFlyTeamをご利用いただきまして、ありがとうございます。

FlyTeamでは航空機 機材の情報を、みなさんからの投稿情報などを基に随時メンテナンスしています。
2017年3月に新規追加した機材は、以下の10機種です。

古い機種の写真は、フィルムからのデジタル化写真でももちろん大歓迎です!

Beriev Be-6
http://flyteam.jp/aircraft/beriev/be-6
旧ソ連のベリエフ設計局が1940年代に開発した双発の飛行艇です。ソ連海軍のほか、中国人民解放軍でも導入されました。

Nord 262
http://flyteam.jp/aircraft/nord/262
フランスの航空機メーカー「ノール」で1960年代に開発された双発ターボプロップ機です。日本ではJALの前身である日本国内航空3機を導入、運用していました。

Beriev Be-200
http://flyteam.jp//aircraft/beriev/be-200
ロシアで1990年代に開発された水陸両用機です。ロシア非常事態省やアゼルバイジャンで運用されているほか、中国が導入を予定しています。

Harbin H-5
http://flyteam.jp/aircraft/harbin/h-5
ロシアのイリューシンで開発された爆撃機「Il-28」を中国でライセンス生産したタイプです。人民解放軍のほか、北朝鮮やルーマニアに輸出されています。

Ilyushin Il-28
http://flyteam.jp/aircraft/ilyushin/il-28
1940年代から60年代にかけてソ連のイリューシンで製造されたジェット爆撃機です。ソ連空海軍のほか、キューバや東ドイツなど、数多くの国で運用されていました。

Schempp-Hirth Arcus
http://flyteam.jp/aircraft/schempp-hirth/arcus
ドイツのシェンプ・ヒルト社で開発され、2009年に初飛行した複座のグライダーです。翼幅は20メートルあり、エンジン搭載で自力発航型としても運用可能です。

Westland Wasp
http://flyteam.jp/aircraft/westland/wasp
1960年代にイギリスで開発された小型ヘリコプターです。艦載ヘリとしてイギリス海軍やニュージーランド海軍などで運用されました。

Let L-23 Super Blanik
http://flyteam.jp/aircraft/let/l-23-super-blanik
1980年代にチェコスロバキアで開発された複座のグライダーです。「L-13 Blanik」の改良版で、日本でも複数機が導入、運用されています。

Beriev Be-12
http://flyteam.jp//aircraft/beriev/be-12
1960年代にソ連で開発された飛行艇です。哨戒、救難用途で使用され、ソ連海軍のほか、ベトナム、ウクライナ、エジプトなどで導入されました。

Alexander Schleicher ASW 27
http://flyteam.jp/aircraft/alexander-schleicher/asw-27
1990年代にドイツで開発された単座のグライダーです。高速飛行性能に優れ、日本でも2機が導入、運用されています。


機材情報は、定期的なメンテナンスならびに皆さんの投稿情報により随時更新しています。
Twitterアカウント「@FlyTeamJp」では、機材追加時に随時、お知らせしています。

ぜひ、皆さんからの航空フォトや搭乗レビューの投稿をお待ちしております!

航空路線ページ、搭乗レビューを航空会社絞込み機能と評価集計をスタート

2017/04/05

いつもFlyTeamをご利用いただき、ありがとうございます!

現在、FlyTeam(フライチーム)では、世界の航空会社が運航する4万7000件を超える航空路線の時刻表、航空券情報、ニュースを提供しています。

本日4/5(水)より、航空路線ページにおいてメンバーさんから投稿された搭乗レビューを航空会社での絞込みとその評価集計をスタートしました。

例えば、
羽田-シンガポール間の搭乗レビュー一覧
より、航空会社別で絞り込むことが可能になり、路線ごとの航空会社の評価を確認することができます。

シンガポール航空の搭乗レビュー一覧と評価は、こちら

日本航空(JAL)の搭乗レビュー一覧と評価は、こちら

全日空(ANA)の搭乗レビュー一覧と評価は、こちら

なお集計対象は、一定基準以上の搭乗レビューが投稿されている航空会社が対象になります。

みなさまからの航空会社・搭乗レビューの投稿をぜひお待ちしております!

航空会社・搭乗レビューの評価集計と路線ごとの絞込み機能スタート

2017/03/31

いつもFlyTeamをご利用いただき、ありがとうございます!

これまでFlyTeamメンバーさんより、27,000件を超える搭乗レビューの投稿をいただいています。
本日3/31(金)より、航空会社ごとの評価を集計し、各項目別に評価を確認することが可能になりました!

航空会社ごとの評価集計を開始

例えば、
キャセイパシフィック航空の評価集計は、こちら
スカイマークの評価集計は、こちら


さらに、各航空会社の路線別に搭乗レビューを絞込み、その評価を確認することができるようになりました。

路線ごとの絞込みと評価集計を開始

例えば、
日本航空「羽田-シンガポール」搭乗レビュー絞込み&評価集計は、こちら
シンガポール航空「羽田-シンガポール」搭乗レビュー絞込み&評価集計は、こちら

あわせて、各航空会社の「路線・就航都市」一覧に、搭乗レビューの投稿件数ならびに評価集計の表示を開始しました。

例えば、
全日空「路線・就航都市」は、こちら
スターフライヤー「路線・就航都市」は、こちら

集計対象は、一定基準以上の搭乗レビューが投稿されている航空会社が対象になります。

みなさまからの航空会社・搭乗レビューの投稿をぜひお待ちしております!

2017年2月分 機材情報追加のお知らせ

2017/03/01

いつもFlyTeamをご利用いただきまして、ありがとうございます。

FlyTeamでは航空機 機材の情報を、みなさんからの投稿情報などを基に随時メンテナンスしています。
2017年2月に新規追加した機材は、以下の12機種です。

古い機種の写真は、フィルムからのデジタル化写真でももちろん大歓迎です!

Douglas C-133A Cargomaster
http://flyteam.jp/aircraft/douglas/c-133-cargomaster
アメリカ空軍で1950年代から70年代まで運用されたターボプロップ4発の輸送機です。50機が生産され、弾道ミサイルの輸送などにも使用されました。

Douglas B-66 Destroyer
http://flyteam.jp/aircraft/douglas/b-66-destroyer
1950年代にアメリカ空軍向けの偵察機として開発された双発ジェット機です。爆撃機としても使用されほか、ベトナム戦争でも運用され、1973年に退役しました。

Hawker Siddeley Nimrod
http://flyteam.jp/aircraft/hawker-siddeley/nimrod
1960年代に開発され、イギリス空軍で哨戒機、電子戦機として使用された4発機「ニムロッド」です。2011年まで運用されていました。

Kawanishi N1K
http://flyteam.jp/aircraft/kawanishi/n1k
太平洋戦争中に開発、運用された大日本帝国海軍の戦闘機「紫電」、「紫電改」です。国内では唯一、愛媛県の南予レクリエーション都市公園内展示館で「紫電改」が保存されています。

Boeing C-97 Stratofreighter
http://flyteam.jp/aircraft/boeing/c-97-stratofreighter
第二次大戦時にボーイングで開発されたレシプロ4発輸送機「ストラトフレイター」です。アメリカ空軍のほか、スペイン、イスラエルでも運用されました。

Myasishchev M-50
http://flyteam.jp/aircraft/myasishchev/m-50
1950年代にソ連で試作された戦略爆撃機です。NATOコードネームでは「バウンダー」と呼ばれ、開発が中止された現在ではモスクワ近郊のモニノ空軍博物館で保存されています。

North American OV-10 Bronco
http://flyteam.jp/aircraft/north_american/ov-10-bronco
1960年代にノースアメリカンで開発された軽攻撃機です。観測用途やCOIN機として運用され、米軍のほか韓国、タイ、フィリピンでも導入されました。

Tecnam P2006T
http://flyteam.jp/aircraft/tecnam/p2006
イタリアのテクナム社が開発し、2007年に初飛行した双発の高翼プロペラ機です。日本でもジャパン・ジェネラル・アビエーション・サービスが訓練機としての導入を予定しています。

De Havilland Canada DHC-4 Caribou
http://flyteam.jp/aircraft/de-havilland-canada/dhc-4-caribou
1950年代にデ・ハビランド・カナダが開発したSTOL輸送機です。アメリカ空軍陸軍で採用されたほか、民間旅客機としても現役で運用されています。

GippsAero GA8 Airvan
http://flyteam.jp/aircraft/gippsaero/ga8-airvan
オーストラリアのジップス・エアロで製造、開発された8人乗り単発ターボプロップ機です。1995年に初飛行を行い、200機以上が製造されています。

Xian Y-7
http://flyteam.jp/aircraft/xian/y-7
ロシアのアントノフAn-24を中国の西安飛機工業で製造、改良を加えた双発ターボプロップ機です。のちに派生型としてMA60が開発されました。

Centrair 101 Pegase
http://flyteam.jp/aircraft/centrair/101-pegase
フランスで1980年代から生産開始された単座のグライダーです。機体の一部はドイツのグライダー「ASW 20」がベースとなっています。


機材情報は、定期的なメンテナンスならびに皆さんの投稿情報により随時更新しています。
Twitterアカウント「@FlyTeamJp」では、機材追加時に随時、お知らせしています。

ぜひ、皆さんからの航空フォトや搭乗レビューの投稿をお待ちしております!

2017年1月分 機材情報追加のお知らせ

2017/02/02

いつもFlyTeamをご利用いただきまして、ありがとうございます。

FlyTeamでは航空機 機材の情報を、みなさんからの投稿情報などを基に随時メンテナンスしています。
2017年1月に新規追加した機材は、以下の14機種です。

古い機種の写真は、フィルムからのデジタル化写真でももちろん大歓迎です!

Embraer EMB-545/550 Legacy 450/500
http://flyteam.jp/aircraft/embraer/emb-545_550-legacy-450_500
エンブラエルで開発・製造が進む最新のビジネスジェットです。レガシー500は2012年、レガシー450は2013年に初飛行しています

Mitsubishi J8M
http://flyteam.jp/aircraft/mitsubishi/j8m
太平洋戦争末期に日本軍で試作されていたロケット戦闘機「秋水」です。愛知県の名古屋航空宇宙システム製作所とアメリカのプレーンズ・オブ・フェイム航空博物館に各1機が保存されています。

Lockheed P-38 Lightning
http://flyteam.jp/aircraft/lockheed/p-38-lightning
第二次世界大戦時にアメリカ軍で使用された双胴型の戦闘機「ライトニング」です。太平洋戦線では数多くの日本軍機と対敵しています。

Breguet Br.1150 Atlantic
http://flyteam.jp/aircraft/breguet/br1150-atlantic
1960年代にフランスのブレゲー社で開発された対潜哨戒機「アトランティック」です。フランス海軍のほか、ドイツ、イタリア、オランダなどに導入されました。

Morane-Saulnier MS.500 Criquet
http://flyteam.jp/aircraft/morane-saulnier/ms500-criquet
第二次大戦時にドイツのフィゼラーが開発した単発機「Fi-156」を、戦後フランスのモランソルニエが生産した機体です。フランス空軍海軍が運用しました。

Curtiss R3C
http://flyteam.jp/aircraft/curtiss/r3c
1920年代にアメリカのカーチス社で開発されたレース用水上機です。宮崎駿監督のアニメ映画「紅の豚」では作中に同機が登場、実機はアメリカ・ワシントンの国立航空宇宙博物館で保存されています。

Morane-Saulnier MS.880 Rallye
http://flyteam.jp/aircraft/morane-saulnier/ms880-rallye
フランスのモランソルニエが1950年代に開発した単発プロペラ機「ラリー」です。ソカタやPZLでも生産、合計3,000機以上が製造されました。

Nanchang Q-5
http://flyteam.jp/aircraft/nanchang/q-5
1960年代に中国の南昌飛機製造で製造された攻撃機「強-5」です。MiG-19J-6をベースに開発され、人民解放軍のほか、ミャンマー、北朝鮮などでも運用されています。

Curtiss P-36 Hawk
http://flyteam.jp/aircraft/curtiss/p-36-hawk
1930年代にアメリカのカーチス社で開発された単発の戦闘機「ホーク」です。アメリカ陸軍イギリス空軍で導入され、太平洋戦争では日本軍との交戦もありました。

Nanchang CJ-6
http://flyteam.jp/aircraft/nanchang/cj-6
中国の南昌飛機製造で開発された練習機「初教-6」です。人民解放軍で導入されたほか、価格の安さからアメリカ、オーストラリアでは趣味用の機体として多く導入されています。

Messerschmitt Me 163 Komet
http://flyteam.jp/aircraft/messerschmitt/me-163-komet
第二次世界大戦時にドイツで開発されたロケット戦闘機です。日本で開発されていた「秋水」の基になった機体で、300機以上が生産、運用されていました。

Lisunov Li-2
http://flyteam.jp/aircraft/lisunov/li-2
1940年代、ダグラスDC-3をベースに、ソ連のリスノフ設計局がライセンス生産した機体です。ソ連空軍などでの輸送機利用のほか、民間旅客機としても使用されていました。

Douglas SBD Dauntles
http://flyteam.jp/aircraft/douglas/sbd-dauntless
アメリカ海軍向けに1940年代に開発された偵察爆撃機 「ドーントレス」です。ミッドウェー海戦で使用されたほか、陸軍ではA-24「バンシー」として運用されました。

Breguet G.11E
http://flyteam.jp/aircraft/breguet/g11e
第二次大戦後にフランスで開発された二重反転式ローターのヘリコプターです。試験機1機の制作で開発は中断され、現在はル・ブルジェ航空宇宙博物館に展示されています。


機材情報は、定期的なメンテナンスならびに皆さんの投稿情報により随時更新しています。
Twitterアカウント「@FlyTeamJp」では、機材追加時に随時、お知らせしています。

ぜひ、皆さんからの航空フォトや搭乗レビューの投稿をお待ちしております!

「珠海エアショー 参加報告 & 懇親会」レポートを公開しました

2017/01/26

いつもFlyTeamをご利用いただきまして、ありがとうございます。

2016年11月5日と11月6日の2日間参加した「珠海エアショー 2016」、11月7日に実施したマカオ空港のスポッティング、11月8日に実施した香港国際空港のスポッティングのレポートを公開しました。

2016 珠海エアショー 参加報告 & 懇親会

みなさんの海外スポッティングの参考になれば幸いです。
どうぞ今後共よろしくお願いいたします。

2016年12月分 機材情報追加のお知らせ

2017/01/17

いつもFlyTeamをご利用いただきまして、ありがとうございます。

FlyTeamでは航空機 機材の情報を、みなさんからの投稿情報などを基に随時メンテナンスしています。
2016年12月に新規追加した機材は、以下の11機種です。

古い機種の写真は、フィルムからのデジタル化写真でももちろん大歓迎です!

BAC TSR-2
http://flyteam.jp/aircraft/bac/tsr-2
1960年代にイギリスのBACで開発、試作された超音速爆撃機です。現在は「XR222」と「XR220」の2機が現存し、いずれもイギリスの博物館で保存されています。

Douglas F4D Skyray
http://flyteam.jp/aircraft/douglas/f4d-skyray
1950年代にアメリカ海軍海兵隊で運用されたデルタ翼の艦上戦闘機「スカイレイ」です。400機以上が製造されたものの1964年までにアメリカ軍から退役しました。

Kaman HH-43 Huskie
http://flyteam.jp/aircraft/kaman/hh-43-huskie
アメリカ空軍海軍海兵隊で1950年から1970年代まで運用されていたヘリコプター「ハスキー」です。交差反転式ローターが特徴で、400機以上生産されました。

Percival P.66 Pembroke
http://flyteam.jp/aircraft/percival/p66-pembroke
1950年代にイギリスのパーシヴァルで生産された双発機「ペンブローク」です。製造は100機程度でしたが、イギリス空軍のほかベルギー空軍などでも導入されました。

Oberlerchner Mg19 Steinadler
http://flyteam.jp/aircraft/oberlerchner/mg19
1950年代にオーストリアで開発された複座のグライダーです。日本で唯一のMg19「JA19MG」は2016年、北海道のたきかわスカイパークで復元飛行に成功しています。

English Electric Canberra
http://flyteam.jp/aircraft/english-electric/canberra
イギリスのイングリッシュ・エレクトリック社が1940年代に開発し、イギリス空軍で運用されたジェット爆撃機「キャンベラ」です。豪・印空軍でも使用されました。

De Havilland DH.89 Dragon Rapide
http://flyteam.jp/aircraft/de_havilland/dh89-dragon-rapide
イギリスのデ・ハビランドが1930年代に開発した双発機「ドラゴン・ラピード」です。旅客機・軍輸送機の両需要で700機以上生産されました。

Harbin Z-9
http://flyteam.jp/aircraft/harbin/z-9
フランスのユーロコプターAS365Nヘリコプターを中国でライセンス生産したタイプです。人民解放軍で導入されたほか、アフリカ諸国に輸出されています。

Martin B-57 Canberra
http://flyteam.jp/aircraft/martin/b-57-canberra
イギリスで開発されたジェット爆撃機「キャンベラ」をアメリカのマーティン社でライセンス生産したタイプです。約400機が製造され、アメリカ空軍などで運用されました。

Percival P.40 Prentice
http://flyteam.jp/aircraft/percival/p40-prentice
1940年代にイギリスのパーシヴァルで開発された単発の軍用練習機「プレンティス」です。イギリス空軍のほか、アルゼンチンなどで運用されました。

Martin B-26 Marauder
http://flyteam.jp/aircraft/martin/b-26-marauder
1940年代にアメリカ陸軍向けにマーティン社で製造された爆撃機「マローダー」です。第二次世界大戦で実戦投入され、ヨーロッパ・太平洋の双方で運用されています。


機材情報は、定期的なメンテナンスならびに皆さんの投稿情報により随時更新しています。
Twitterアカウント「@FlyTeamJp」では、機材追加時に随時、お知らせしています。

ぜひ、皆さんからの航空フォトや搭乗レビューの投稿をお待ちしております!

【復旧終了】管理画面に繋がりにくい事象について

2017/01/11

2017年1月11日(水)18時30分頃から発生していた、管理画面にアクセスしづらい状態ですが、復旧作業が終了いたしました。19時25分現在、通常通り、管理画面にアクセスが可能となっております。

ユーザーの皆様には大変ご不便をお掛しました。申し訳ございません。
どうぞよろしくお願いいたします。

(2017/01/11 19:25)

--------------------


いつもFlyTeamをご利用いただきまして、ありがとうございます。

2017年1月11日(水)18時45分現在、不具合により一部、管理画面にアクセスしづらい状態になっています。現在、復旧作業を行なっており、ユーザーの皆様にはご迷惑をおかけしております。申し訳ございません。

対応の状況は、Twitterアカウント「@FlyTeamJp」で、随時お知らせします。

急なお知らせで大変恐縮ですが、どうぞご理解をいただきますようにお願いいたします。

(2017/01/11 18:45)

2017年、新年あけましておめでとうございます。

2017/01/01

新年明けましておめでとうございます!

2016年、あけましておめでとうございます。

昨年も、さまざまな航空ニュースがありましたね!
2017年もさまざまな動きがあり、楽しみな一年にもなりそうです^^

FlyTeamニュース、年間アクセスランキング 2016年ベスト30
2017年の飛行機関連の話題は? 日本と航空機開発のまとめ

今年も、航空に関するニュースイベント情報を徹底的にお届けしてまいります。

ところで、FlyTeam 2016年の活動を振り返ると、
まず、みなさんのサイトへのアクセスが、スマートフォン(スマホ)へシストしている中、
スマホ対応への遅れが目立ち、今年はスマホ対応への改善を進めて参りたいと考えています。

また、オフラインの活動を2回ほど開催しましたが、事前の告知時間が短く、
もう少し早めのご案内や楽しい企画を計画したいと思います。

2010年にFlyTeamをスタートしてから、これまでに180万枚を超える航空フォトや2万5000件を超える搭乗レビューを投稿していただき、改めて身が引きしまる思いです。

今年も、皆さんからの応援、ご支持をいただければ幸いです。

本年も、どうぞよろしくお願いいたします。

FlyTeam スタッフ一同

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加