F-35用レーダー、センサーで弾道ミサイルを追跡【動画】 | FlyTeam ニュース

F-35用レーダー、センサーで弾道ミサイルを追跡【動画】

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

ノースロップ・グラマンは2012年6月26日、F-35に搭載されるAN/AAQ-37 DAS(Distributed Aperture System ) と、AN/APG-81 AESA(Active Electronically Scanned Array)レーダーを使用して、弾道ミサイルの探知、追尾実験に成功しました。

この実験はNASAの科学実験を活用して、ノースロップ・グラマンのBAC111テストベッドを使用して行いました。

次々と打ち上げられるロケットを自動的に探知し、同時に複数の目標を追尾する様子が動画で見ることができます。

AN/AAQ-37 DASはF-35の全周をカバーする赤外線センサーシステムで、電波を放射せずに目標を捉えたり、偵察・監視することができます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加