アメリカ海兵隊、台風被害のフィリピンへKC-130J 3機とMV-22B 4機を派遣 | FlyTeam ニュース

アメリカ海兵隊、台風被害のフィリピンへKC-130J 3機とMV-22B 4機を派遣

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ海兵隊第3遠征隊(3MEF)は、2013年11月11日、台風30号(ヨランダ)で甚大な被害を受けたフィリピンへ、隊員を派遣しています。

普天間基地からは第152海兵給油輸送飛行隊(VMGR-152)のKC-130J 3機と、第262海兵中型ティルトローター飛行隊(VMM-262)のMV-22B 4機が180名の隊員を乗せて出発しました。

アメリカ海兵隊は11月11日にC-130輸送機で、38,000ポンドの救援物資と210人の支援要員を輸送しました。

アメリカ海軍からも、三沢基地に派遣されている第26哨戒飛行隊(VP-26)のP-3C 2機がフィリピンへ展開し、フィリピン軍の捜索救難活動を支援しています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加