ロッキード・マーティン、韓国空軍偵察航空機システム支援契約を受注 | FlyTeam ニュース

ロッキード・マーティン、韓国空軍偵察航空機システム支援契約を受注

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカ空軍ライフサイクル管理センター(US Air Force Life Cycle Management Center)はロッキード・マーティンに対し、対外軍事有償援助プログラム(FMS)に基づき、韓国のPeace Krypton偵察航空機システム支援契約を発注しました。契約額は約900万ドル。

ロッキード・マーティンは1996年に偵察システムを開発するプライム契約を取得し、韓国へ保全技術、ロジスティック支援を提供しています。ロッキード・マーティンはアメリカ政府と韓国に完璧なロジスティックス、技術能力を引き続き提供していくとしています。

Peace Kryptonシステムは戦術的情報収集に使用されますが、軍事目的に転用されたビジネス用航空機、航空機から送出されるデータを処理する地上局施設から構成されています。ロッキード・マーティンが担当する保全作業範囲は、予備、修理部品を含む航空機編隊の整備保全、航空機と固定、移動地上局施設の装備提供と支援が含まれています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加