アイベックスエアラインズ、CRJ-700NGへの機種統一を早期実現へ | FlyTeam ニュース

アイベックスエアラインズ、CRJ-700NGへの機種統一を早期実現へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アイベックスエアラインズ(IBEX)は2014年度から2016年度の中期事業計画で、リージョナルエアラインのトップリーダーになる目標を掲げました。アイベックスエアラインズは現在、9機で16路線54便を運航しています。

このうち、路線計画は引き続き、仙台、伊丹発着路線を中心に、地方中核都市間の新路線開設、既存路線の再編を行います。特に、競争環境、需給バランス、収益性の観点から、効率的なネットワークを構築する計画です。

機材計画ではCRJ-700NewGeneration(NG)への機種統一を早期にはかるとしています。この70席仕様のCRJ-700NGは2015年度、2016年度に1機ずつ、計2機を今後導入します。これにあわせ、50席仕様のCRJ-100を2014年度、2015年度に1機ずつ、計2機を退役。50席仕様のCRJ-200は2016年度をめどに退役開始を検討していきます。

この施策により、創立以来、事故や重大インシデント「ゼロ」を継承し、就航率95%、定時出発率95%以上を達成する品質を達成するとしています。また、低コストオペレーションながら旅客ニーズに対応し、ユニットコスト12円台を達成するとしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加