小野寺防衛大臣、F-35の増備を検討、アジアの整備拠点誘致にも意欲 | FlyTeam ニュース

小野寺防衛大臣、F-35の増備を検討、アジアの整備拠点誘致にも意欲

配信日:2014/07/09 21:30 - ニュースカテゴリー: サービス

アメリカを訪問中の小野寺五典防衛大臣は2014年7月9日、ロッキード・マーティン・テキサス州フォートワース工場視察後の記者会見で、F-35の増備を検討するとの考えを明らかにしました。

小野寺大臣はF-35の組み立てラインや完成機を視察し、同機の優秀性を確認し、F-35の国際共同生産に日本が関わるため防衛省としてサポートすると話しました。また、購入機数について当初42機としていますが、日本が生産に関わり、量産によりコストが下がればF-15の後継機として増備を検討するとしています。

アメリカ以外にF-35の組み立て工場が設置されるのは、イタリアと日本だけであり、愛知県小牧の工場がアジアの整備拠点「リージョナル・デポ」としての役割も果たすよう体制を整えるとしています。

F-35の火災事故についてもアメリカ側からの説明を受け、日本への納入スケジュールやソフトウェアの開発スケジュールについても変更がないことを確認しました。

最終更新日: 2014/07/09 21:30
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する