国産ステルス実証機ATD-X、三菱重工小牧南工場でロールアウト | FlyTeam ニュース

国産ステルス実証機ATD-X、三菱重工小牧南工場でロールアウト

配信日:2014/07/12 22:00 - ニュースカテゴリー: サービス

三菱重工の小牧南工場で製造されていた先進技術実証機(ATD-X:Advanced Technological Demonstrator-X)が、2014年7月12日に放映されたTBS系「報道特集」でロールアウトの様子が紹介されました。ATD-Xは「心神」としても知られた開発で、2014年中に初飛行を予定しているものです。

ATD-Xの開発ではステルス性能、ベクタード・スラストを使用した高機動性が重視されています。このうち、高機動性の実現を目指し、IHIが開発を手がけている実証エンジンXF5-1に設置された推力偏向パドルは「機密」の理由から実際の機体に装備された部分は、映像にぼかしが入りました。

最終更新日: 2014/07/12 22:00
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する