ロシアLCCのドブロリョート、EU経済制裁の余波で一時的に運航停止へ | FlyTeam ニュース

ロシアLCCのドブロリョート、EU経済制裁の余波で一時的に運航停止へ

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

アエロフロート・ロシア航空は2014年8月4日から、子会社の格安航空会社(LCC)のドブロリョートの運航を一時停止すると発表しました。説明によると、欧州連合(EU)による経済制裁に関連し、ドブロリョートの取引会社がその遵守を求めたことによる対応です。リース、修理、保守サービス、飛行機の保険契約などが破棄され、これにより運航、航空券の販売を一時停止するとしています。

ドブロリョートのモスクワ/シンフェロポリ(ウクライナ/ロシア)線、モスクワ/ヴォルゴグラード線に搭乗する航空券を保有している場合は、一部をオレンエア(オレンブルグ・エア)での運航に代替することが可能です。

その他の路線を利用する場合は、払い戻しの対象となります。 詳しくはドブロリョートのホームページを参照ください。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加