S7航空、グローバス航空運航の737-800新造機をリースで導入 | FlyTeam ニュース

S7航空、グローバス航空運航の737-800新造機をリースで導入

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

S7航空は2014年8月28日、737-800新造機を受領し、グローバス航空が運航すると発表しました。この機材は機体記号(レジ)「VQ-BVL」で登録されている機材で、S7航空の塗装が施されています。

機材はBOCアビエーションがリースで提供するもので、モスクワ・ドモジェドヴォ空港を拠点に路線に投入されます。グローバス航空の運航による737-800は、9月からニジネヴァルトフスク、ミネラルヌイエボディ、オシ線に投入されます。

S7航空ではさらに2機の新造機を2014/15冬スケジュール期間中に導入する計画です。

なお、この機材はインドのスパイスジェット向けに製造され189席のエコノミークラスのみの仕様でしたが、S7航空向けにビジネス12席、エコノミー154席に変更され、導入されました。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加