陸上自衛隊西部方面隊、島嶼侵攻対処や航空部隊の展開など実動演習を実施 | FlyTeam ニュース

陸上自衛隊西部方面隊、島嶼侵攻対処や航空部隊の展開など実動演習を実施

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

陸上自衛隊西部方面隊は2014年10月27日(月)から11月26日(水)まで、2014(平成26)年度西部方面隊実動演習を実施しています。訓練場所は西部方面区の演習場、自衛隊施設などを使用します。

参加部隊は、西部方面隊、中央即応集団、第2師団、東北方面特科隊などで、人員約16,000名、車両およそ3,800両、航空機はおよそ80機が参加します。参加する航空機は、UH-60JA、CH-47JA、AH-64Dなどです。

この訓練では、島嶼侵攻対処訓練、兵站施設の開設訓練、航空部隊の展開訓練、射撃訓練などを実施します。

期日: 2014/10/27 〜 2014/11/26
最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加