アルゼンチンがSu-24を配備!?英政府フォークランド諸島防衛を見直し | FlyTeam ニュース

アルゼンチンがSu-24を配備!?英政府フォークランド諸島防衛を見直し

配信日:2015/01/02 21:00 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:ロシアの戦闘爆撃機スホーイSu-24フェンサー。

ロシアの戦闘爆撃機スホーイSu-24フェンサー。

アルゼンチンが、ロシアからスホーイSu-24フェンサー戦闘爆撃機12機のリースを受ける模様で、イギリス国防省はフォークランド諸島の防衛について見直しを迫られています。イギリスのDaily Expressが、2014年12月28日に報じています。

ロシアは、クリミア問題でEUから牛肉や小麦粉などの食料の禁輸措置を受けています。プーチン大統領は2014年7月にアルゼンチンを訪問した際に、禁輸により不足する食料と、ロシア製兵器の交換を話し合いました。食料と交換される兵器の中にSu-24 12機のリースが含まれています。

Su-24は2,000マイル(約3,220キロ)の航続力があり、レーザー誘導ミサイルを搭載できる長距離戦闘爆撃機であることから、アルゼンチン本土からフォークランド諸島への攻撃が容易になります。イギリスは国防予算削減のため、フォークランド諸島の防衛に、タイフーン戦闘機4機とレイピア地対空ミサイル、1,200名の兵員しか派遣していません。

イギリス国防省では、2020年に空母HMSクイーン・エリザベスが実戦化するまでに、Su-24が配備されたらピンチと考え、対策を検討しているとのことです。

最終更新日: 2015/01/02 21:00
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する