海上自衛隊、P-1空対艦ミサイルの発射試験でハワイ・カネオヘに派遣 | FlyTeam ニュース

海上自衛隊、P-1空対艦ミサイルの発射試験でハワイ・カネオヘに派遣

配信日:2015/02/04 12:40 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:川崎 P-1

川崎 P-1

海上自衛隊は2015年2月4日(水)から2月13日(金)まで、P-1型固定翼哨戒機をアメリカに派遣すると発表しました。

アメリカでは空対艦ミサイル「ハープーン」発射試験を含む、P-1運用試験を実施します。海上自衛隊ではこの試験、評価を通じて、P-1の有効な運用法の開発につなげるとしています。

派遣場所はハワイ州カネオヘ・ベイ海兵隊航空基地を拠点に、その周辺海空域で試験を実施します。指揮官は第51航空隊の企画審査隊長、杉本和隆2等海佐です。P-1は2機を使用し、人員およそ60名が派遣されます。

往路は、2月4日(水)に厚木からカネオヘ・ベイ海兵隊航空基地へ到着、2月9日(月)に発射実験を行います。帰路は2月11日(水)にカネオヘを出発し、2月12日(木)にアンダーセン空軍基地を経由し、2月13日(金)に厚木基地へ帰着します。


※タイトルの誤記を「発射」に修正しました。(2015/2/4 12:50)

期日: 2015/02/04 〜 2015/02/13
最終更新日: 2015/02/04 12:51
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する