トランスアジア航空のATR 72-600「B-22816」が離陸後に墜落 | FlyTeam ニュース

トランスアジア航空のATR 72-600「B-22816」が離陸後に墜落

配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

トランスアジア航空(復興航空)のATR-72-600、機体記号(レジ)「B-22816」が2015年2月4日、台北松山空港で墜落しました。この「B-22816」は台北松山空港を離陸し、金門空港へ向かうGE235便として運航していたものです。

台湾メディアのライブ映像によると、一部でライフジャケットを着用した生存者も確認できます。乗客は53名、乗員を含め58名と見られ、このうち21名が救出されたと台湾の聯合報が伝えています。

このほか、台湾メディアはこの機体は台北松山空港を離陸し、高速近く高架橋に接触し、川に墜落したとも伝えています。

なお、「B-22816」は2014年3月に初飛行、2014年4月15日にデリバリーされた、機齢1年未満の機体です。

トランスアジア航空の事故は2014年7月24日、GE222便が馬公着陸に失敗したものに続くもので、この事故ではATR-72-500(ATR 72-212A)の機体記号(レジ)「B-22810」が大破しています。

トランスアジア航空は現在、ホームページがつながらない状態ですが、FacebookページでGE235便について情報を更新していくとしています。




※追記:13:55 乗員、乗客数
※追記:14:00 以前のGE222便について
※追記:機齢

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する