どっちが強い! F-35 vs F-16の模擬空中戦 | FlyTeam ニュース

どっちが強い! F-35 vs F-16の模擬空中戦

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:F-35AとF-16。両機ともロッキード・マーティン製の戦闘機(記事の機体ではありません)。

F-35AとF-16。両機ともロッキード・マーティン製の戦闘機(記事の機体ではありません)。

2015年1月14日にカリフォルニア州沖で行われたF35A試作機「AF-02」とF-16D Block 40の模擬空中戦の際に、F-35AがF-16Dにボロカスに負けたとのテストパイロットの手記が出回っています。

F-35Aは外部搭載物のないクリーン状態で、F-16Dは増加燃料タンクを搭載していました。F-35AがガンでF-16Dを捉えようとするとF-16Dは容易に回避することができ、逆にF-16Dのガンに対してF-35Aは回避することが困難でした。テストパイロットはピッチレートの不足と経過時間とともにエネルギーが減少すること、迎え角(AOA)20度から26度の領域での運動性が良好でないことを報告しています。

また、F-35A用のヘルメットが大きいため、パイロットが後方確認できず背後に迫るF-16Dを発見できなかったとの報告もあり、莫大な予算を使って開発中の戦闘機が、40年前に開発された戦闘機に勝てないと話題になっています。

一方、イギリスのUK Defence Journalは、F-35A「AF-02」は飛行制限のある試作機であり、ソフトウェアも不完全なもので、ステルス・コーティングも省かれていることを指摘しています。メーカーのロッキード・マーティンも「AF-02」が目標を照準する機器もソフトウェアも装備していないと明らかにしています。

開発中の機体で、しかも限定された条件での模擬空戦の結果に一喜一憂する必要性はなさそうです。そもそも、第5世代戦闘機はリスクの高い空中戦を避けて、ステルス性を武器にコッソリ忍び寄って気付かれる前に敵を倒すことを目指しています。ロッキード・マーティンとしては、F-16がまだまだ有力な戦闘機であることが宣伝できたのですから、複雑な心境ではないでしょうか。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加