海上自衛隊24DDH、「かが」と命名 | FlyTeam ニュース

【夏のキャンペーン】航空会社の搭乗レビュー投稿で、FlyTeam ステッカーをプレゼント!!詳しくは、こちら>>

海上自衛隊24DDH、「かが」と命名

このエントリーをはてなブックマークに追加
配信日: - ニュースカテゴリー: サービス

海上自衛隊が建造中の平成24年度護衛艦(24DDH)の命名・進水式が、神奈川県のジャパンマリンユナイテッド磯子工場で、2015年8月27日14時15分から開催され、注目の艦名は「かが」と発表されました。

24DDHは、現在海上自衛隊で最大の艦艇であるヘリコプター搭載護衛艦「いずも」の2番艦で、SH-60K哨戒ヘリコプターを7機とMCH-101掃海・輸送ヘリを2機搭載する能力があります。

いずも型は、艦の大きさが諸外国のSTOVL空母と比べて遜色がないことから、将来的にはF-35Bを搭載するのではと話題を集めています。それゆえ24DDHには、旧日本海軍の名艦の名を継承することが期待されていました。

進水した「かが」は、装備品などを取り付ける艤装作業に移り、2017年3月に就役する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する

このエントリーをはてなブックマークに追加