富士重工、「世界の名機カレンダー」原画展を開催 2月18日から3月2日 | FlyTeam ニュース

富士重工、「世界の名機カレンダー」原画展を開催 2月18日から3月2日

配信日:2016/01/20 23:25 - ニュースカテゴリー: イベント
ニュース画像 1枚目:スーパーマリン スピットファイヤーMk.Ⅷ戦闘機

スーパーマリン スピットファイヤーMk.Ⅷ戦闘機

  • ニュース画像 2枚目:アラド Ar196A 水上偵察機
  • ニュース画像 3枚目:カムス 53 旅客飛行艇

富士重工業は、2016年2月18日(木)から3月2日(水)までの14日間、同社が製作していた「WORLD FAMOUS AIRPLANES=世界の名機カレンダー」の原画展を初開催します。会場は、東京都渋谷区の富士重工本社のエビススバルビル、1階ショールームで、期間中は10時から19時に鑑賞が可能です。

「世界の名機カレンダー」は、航空機アートの第一人者の小池繁夫さんが手がけており、1976年版の制作開始から41年継続され、2016年版でその歴史に幕を閉じました。富士重工は、これまでのご愛顧に感謝するとして、2016年版の表紙に使用された新作の中島飛行機「疾風」をはじめ、小池さんが選定した全20作品が展示されます。原画ならではの色彩、緻密な筆遣いが鑑賞出来るとしています。

なお、会場でカレンダーの販売などはありません。

■WORLD FAMOUS AIRPLANES=世界の名機カレンダー 原画展
・会場:エビススバルビル 1階ショールーム (東京都渋谷区恵比寿1-20-8)
・入場料: 無料
<主な展示イラスト>
・四式戦闘機「疾風」 (2016年版表紙)
・フォード5ATトライモーター旅客機 (1990年版3-4月、2016年版1-2月)
・スーパーマリン スピットファイヤーMk.Ⅷ戦闘機 (1994年版5-6月、2016年版3-4月)
・カーチスNC-4飛行艇 (1995年版3-4月、2016年版5-6月)
・アラドAr196A水上偵察機 (2002年版11-12月、2016年版7-8月)
・カムス53旅客飛行艇 (2002年版7-8月、2016年版9-10月)

期日: 2016/02/18 〜 2016/03/02
最終更新日: 2016/01/20 23:25
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する