ルフトハンザ、180席のA320neo初号機を受領 1月24日から定期便に投入 | FlyTeam ニュース

ルフトハンザ、180席のA320neo初号機を受領 1月24日から定期便に投入

配信日:2016/01/21 07:00 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:エアバス A320neo「D-AINA」

エアバス A320neo「D-AINA」

  • ニュース画像 2枚目:A320neoのシャークレットは2.4メートル
  • ニュース画像 3枚目:A320neo「D-AINA」、PW1100Gギヤードターボファン・エンジン
  • ニュース画像 4枚目:A320neoは最新のエンジン搭載で燃費、騒音を改善
  • ニュース画像 5枚目:着陸時のA320neo「D-AINA」
  • ニュース画像 6枚目:ハンブルクで受領

ルフトハンザドイツ航空は2016年1月20日(水)、A320neo初号機の機体記号(レジ)「D-AINA」をハンブルクのエアバス工場で受領しました。A320neoの納入はこれが初めてで、エアバスは最も燃費のよい単通路機により、航空機の歴史に大きな一歩となるとしています。

A320neoは最新の技術と導入したプラット・アンド・ホイットニーのPW1100Gギヤードターボファン・エンジンを搭載し、二酸化炭素排出量と50%の騒音低減に加え、現在のA320より燃料は15%少なく運航できます。この燃費は2020年までに現行のA320と比べ20%減にまで改善される予定です。

この機材は新しい客席仕様となっており、ビジネス、エコノミーを装備した180席仕様です。機体の前方、後方に設けられているギャレーとトイレスペースが新たな配置となり、これまでのA320より多くの座席を配置できるスペースを確保しました。従来のA320と比べ、ビジネスは膝まわりのスペースが広く確保されているほか、エコノミーは2列分、計12席を追加されています。

初便は1月24日(日)のハンブルク/ミュンヘン線に投入される予定です。これを前にフランクフルトの本拠地にフェリーされる予定で、フランクフルト発着便にもA320neoが投入される計画です。

ルフトハンザ・グループは環境性能に優れた技術導入を進めてきており、A320neoの投入について「技術革新の開発・導入の先駆者であることを再び証明しました」とコメントしています。ルフトハンザ・グループはA320neoを116機発注しています。また、ルフトハンザ・グループは2016年に新造機52機を導入する予定で、歴史を飾る1機でその忙しい1年の幕を開けしました。

最終更新日: 2016/01/21 07:02
ニュース ガイドライン&ポリシー

ミュンヘン - ハンブルク 航空券情報(予約・価格)

オンライン旅行予約サイト「エクスペディア 」によるミュンヘン - ハンブルクの航空券の価格情報です。航空券の料金をクリックすると、指定の条件の航空券を探すことができます。

日付 クラス 直行便
10月 10/27(木)
ミュンヘン発 > ハンブルク着
エコノミー(片道) 7,200
10/27(木)
ハンブルク発 > ミュンヘン着
エコノミー(片道) 7,250
航空券のご予約で期間限定ホテル割引!目的地以外でも適用できます!
2016年09月27日 05時51分時点、大人1名(空港税 / 燃油サーチャージなど込)の航空券価格です。 ご利用の際には、FlyTeamの利用規約もあわせてご確認ください。

さらに、ミュンヘン - ハンブルクの航空券料金を見る >>

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する