ルフトハンザ、A320neo初号機「D-AINA」がフランクフルトに到着 | FlyTeam ニュース

ルフトハンザ、A320neo初号機「D-AINA」がフランクフルトに到着

配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:フランクフルトに到着したA320neo

フランクフルトに到着したA320neo

  • ニュース画像 2枚目:機体記号は「D-AINA」
  • ニュース画像 3枚目:PW1100Gエンジン搭載で燃費効率が改善
  • ニュース画像 4枚目:A320neoの機内、シートがA320と比べ増席された

ルフトハンザドイツ航空は2016年1月22日(金)、世界初のA320neo、機体記号(レジ)「D-AINA」がフランクフルトに到着したと発表しました。引き渡しを受けたA320の工場があるハンブルク・フィンケンヴェルダー空港からフランクフルトにLH9922便で飛来したものです。

A320neoは新しいPW1100Gエンジンを搭載し、空力特性を改良し、騒音や二酸化炭素の排出削減が大きく進歩しています。新しいPW1100Gエンジンの搭載によりA320neoは、現行のA320と比べ、15%の燃料効率が良くなっています。さらに騒音も85デシベルと、現行のA320と比べ半分になっています。

ルフトハンザはA320neoを、フランクフルト発着のハンブルク、ミュンヘン線に投入します。また、同社は2016年にA320neoを4機、受領する予定です。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する