キャセイパシフィック、新塗装を施した747-400Fを公開 | FlyTeam ニュース

キャセイパシフィック、新塗装を施した747-400Fを公開

配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:新塗装が施されたキャセイパシフィック航空の747-400F

新塗装が施されたキャセイパシフィック航空の747-400F

  • ニュース画像 2枚目:新塗装の747-400F尾翼

キャセイパシフィック航空は2016年1月22日(金)、同社の新塗装を施した初めての貨物機を公開しました。機体記号(レジ)「B-LIA」の747-400ERFで、厦門のHAECO施設で塗装作業が行われ、香港に到着しました。

キャセイパシフィック航空の新塗装機は、2015年11月1日(日)に初めて777-300ERに施され公開、羽田空港にも飛来しています。新塗装はグリーン、グレー、ホワイトと、キャセイパシフィックのブランドをリニューアルする3つの重要なカラーで構成されています。

キャセイパシフィック航空の貨物担当者は、新塗装を施す機体に選ばれたことを歓迎、ブランドをリフレッシュし、優れたサービスの提供をめざし、継続的な努力を表す取り組みの1つだとコメントしています。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する