チャイナエアラインのA350 XWB初号機、最終組立工場での作業進む | FlyTeam ニュース

チャイナエアラインのA350 XWB初号機、最終組立工場での作業進む

配信日:2016/01/28 07:55 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:最終組立作業が進むチャイナエアライン向けA350

最終組立作業が進むチャイナエアライン向けA350

  • ニュース画像 2枚目:尾翼が胴体に接合される

エアバスは2016年1月27日(水)、トゥールーズ工場で最終組立作業を進めているチャイナエアラインのA350 XWB初号機の作業状況を発表しました。胴体の組み立て作業が進んでおり、垂直尾翼と胴体の接合の様子を画像で紹介しています。製造番号は「049」です。

主翼と胴体の接合、組み立て、水平尾翼の取り付け、テールコーンの装着を行い、構造部分の完成を経て、電源投入、アビオニクスシステムの地上試験を行い、シートやギャレーなど客室の装備を開始するための行程を行うステーションに移動します。この機体は2016年第3四半期に納入される予定です。

チャイナエアラインは、A350-900を14機発注しています。主に、ヨーロッパ、オーストラリア、アメリカ方面の長距離路線に加え、リージョナル路線のいくつかに投入される予定です。

最終更新日: 2016/01/28 07:55
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する