香港ドラゴン航空からキャセイドラゴンへ、機体塗装は4月から順次変更 | FlyTeam ニュース

香港ドラゴン航空からキャセイドラゴンへ、機体塗装は4月から順次変更

配信日:2016/01/28 20:55 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:キャセイドラゴン航空の新塗装

キャセイドラゴン航空の新塗装

  • ニュース画像 2枚目:新塗装の離陸イメージ
  • ニュース画像 3枚目:キャセイドラゴン 新塗装機
  • ニュース画像 4枚目:機内でのサービスはフルサービスで提供される
  • ニュース画像 5枚目:キャセイパシフィック航空とキャセイドラゴン航空の尾翼

キャセイパシフィック航空グループは2016年1月28日(木)、香港ドラゴン航空の名称を「キャセイドラゴン(Cathay Dragon)」航空に変更すると発表しました。キャセイパシフィックとキャセイドラゴンはこれまで通り、それぞれの運航権で別企業として運航します。

「キャセイ」ブランドの認知度をさらに高め、中国本土とのネットワークの充実の認知を図り、サービスの改善と両社をシームレスに利用することを図る狙いです。特に、世界各地の旅行需要が高まる中で、すでに一定程度、認知度のある「キャセイ」ブランドで、より多くの旅客に中国へのアクセスで利用してもらいたいとしています。

リブランドにあわせ、「キャセイドラゴン」塗装のA330-300が2016年4月にも登場する予定です。これにあわせ順次、塗装を変更する予定です。塗装はキャセイパシフィック航空の尾翼と同じロゴを使い、尾翼は赤とし、胴体前方に「Cathay Dragon 國泰港龍」と記します。

香港ドラゴン航空は1985年に設立され、2006年にキャセイパシフィック航空が子会社としていました。

最終更新日: 2016/01/28 20:55
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する