フィンメカニカ、AW609救急医療サービス型の開発で合意 | FlyTeam ニュース

フィンメカニカ、AW609救急医療サービス型の開発で合意

配信日: - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:Eraグループ・カラーのAW609(想像図)

Eraグループ・カラーのAW609(想像図)

フィンメカニカは、2016年3月2日、アメリカ・ケンタッキー州オーランドで開催中のヘリ・エキスポ 2016で、EraグループとAW609ティルトローター機の救急医療サービス(EMS)型開発について合意し、覚書(MOU)を交わしたと発表しました。

Eraグループは世界最大級のヘリコプター運航会社で、アグスタ・ウエストランド最大の民間顧客です。この合意は、ヘリコプターと固定翼機の利点を兼ね備えた世界初の民間ティルトローター機開発の、重要なステップになるとしています。

AW609は、すでに捜索救難(SAR)や沖合輸送、エグゼクティブ/プライベート輸送、治安維持などの用途で約60機を受注しています。

このほかフィンメカニカは、中東・オーストラリアでAW109とAW139を運用するオペレーターと訓練に関する3カ年契約をヘリ・エキスポで結んでいます。

最終更新日:
ニュース ガイドライン&ポリシー

Recommend おすすめコンテンツ

このページを共有する