海上自衛隊、三陸沖で日米加の哨戒機で共同訓練を実施 3月9日から11日 | FlyTeam ニュース

海上自衛隊、三陸沖で日米加の哨戒機で共同訓練を実施 3月9日から11日

配信日:2016/03/06 22:25 - ニュースカテゴリー: サービス
ニュース画像 1枚目:海上自衛隊 P-3C

海上自衛隊 P-3C

海上自衛隊は、2016年3月9日(水)から3月11日(金)まで、アメリカ海軍、カナダ空軍と対潜訓練と通信訓練などを実施します。

訓練の実施場所は三陸沖海域で、海自は八戸基地の第2航空群からP-3Cを1機、厚木基地の第4航空群からP-1を1機、参加させます。アメリカ海軍は第16哨戒飛行隊のP-8Aが1機、カナダ空軍からは第19航空団のCP-140が1機、それぞれ参加します。

訓練に際し、カナダ空軍のCP-140は2016年3月8日(火)から3月15日(火)まで訪日し、八戸基地に滞在します。

期日: 2016/03/09 〜 2016/03/11
最終更新日: 2016/03/06 22:25
ニュース ガイドライン&ポリシー

このページを共有する